三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 資源循環学科・農林生物学教育コース
学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 選択
選択科目:森林科学プロ指定科目
授業科目名 森林流域保全学実習
しんりんりゅいきほぜんがくじっしゅう
単位数 1 単位
受講対象学生 共生環境学科・全講座
平成26年度(2014年度)までの入学者カリキュラム名称
選択・必修 選択
選択科目
授業科目名 森林環境砂防学実習
しんりんかんきょうさぼうがくじっしゅう
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間
開講場所

担当教員 山田 孝(共生環境学科), 沼本 晋也(附属教育研究施設)

YAMADA, Takashi, NUMAMOTO, Shinya

学習の目的と方法

授業の概要 砂防の現場では,マニュァルだけに頼ることはできない.なによりも,技術者の臨機応変,かつ適切な判断が必要である.流域平均雨量,地域代表降雨の想定計算や流出量の予測計算など,基礎的な計算技術を身につけるとともに,各受講者が砂防えん堤を設計し,現場への応用を身につけることなどの実習をおこなう.
学習の目的 砂防に関連する基礎的な計算技術や,砂防えん堤の設計法,現場への応用能力を修得する
学習の到達目標 各受講者の基礎的な計算技術や,砂防えん堤の設計法,現場への応用能力の自然的修得
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 Moodle

教科書 配布資料による
参考書
成績評価方法と基準 毎回の実習への参加度50%と提出成果品50%とする.
オフィスアワー 木曜日16時~17時
受講要件 特に無し
予め履修が望ましい科目 土と水の力学,砂防工学
発展科目 演習林渓流保全・林道実習
授業改善への工夫 わかりやすい内容となるように配布資料等に手を加える.
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)
環境教育に関連した科目
推薦講座:森林資源環境学講座

授業計画

キーワード 森林の多面的機能,治山砂防,流域管理,自然災害,国土保全,施設,設計,デザイン能力,環境解析,自然環境
Key Word(s)
学習内容 1.流域平均雨量の計算-ティーセン法,等雨量線法
2.超過確率雨量の計算(1)-100年確率雨量,ヘーズン法,対数正規分布法
3.超過確率雨量の計算(2)-,ガンベル・チョウ法,岩井法
4.直接流出と基底流出の分離
5.単位図法による流量計算-ユニットハイドログラフの合成
6.ピーク流量の計算-ラショナル式,到達時間
7.平均流遠公式の計算-ピーク流量と水深,流路断面,マニング式
8.砂防施設配置計画の考え方と実際
9.山地渓流における土砂の流れ方(土砂移動形態、粒径別流砂量、土砂濃度、土砂ハイドログラフ)についての実験演習
10.様々な砂防施設の効果と限界についての模型実験演習
11.対象流域における縦断図の作成、土石流発生区域、流下区域、氾濫・堆積区域、後続流流下区域、本川河道への流入地点、保全対象などの抽出
12.対象流域における計画基準点、補助基準点での土砂諸量(計画生産・流出土砂量、土石流ピ-ク流量、土砂濃度など)の算出
13.対象流域における砂防施設配置計画の検討(1)
14.対象流域における砂防施設配置計画の検討(2)
15.各自、プレゼンテ-ション(対象流域における砂防施設配置計画)
学習課題(予習・復習) 毎回の実習課題を達成することにより内容が修得される
ナンバリングコード(試行) BO-FRST-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University