三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学系研究科(修士課程・博士前期課程)看護学専攻
受講対象学生
選択・必修 選択必修
がん看護CNSコース必修
授業科目名 がん看護実習Ⅰ
がんかんごじっしゅうⅠ
Advanced Practice in Oncology Nursing Ⅰ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間
開講場所

担当教員 辻川真弓(医学系研究科教授)、坂口美和(医学系研究科准教授)、福永稚子(がん看護専門看護師:三重大学医学部附属病院)、堀口美穂(がん看護専門看護師:三重大学医学部附属病院)

学習の目的と方法

授業の概要 複雑で対応の難しいがん患者や家族の様々な問題を捉え、苦痛の緩和、日常性の回復や適応を促進するために、看護モデルを適用し、個別性を重視し、包括的なアセスメントに基づいた看護を展開する能力を養う。
学習の目的
学習の到達目標 1.入院中のがん患者に生じている問題について、専門的な知識をもとに情報を整理し、問題の焦点化ができる。
2.症状マネジメントが必要な臨床事例をとり、症状マネジメントモデルを用いて、症状のメカニズム、アセスメント、マネジメント、アウトカムの一連の展開を行い、症状緩和を図るための専門性の高い看護介入ができる。
3.事例検討から新たな視点や自己の課題を明確にし、より専門性を高めていくことができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 PBL

教科書
参考書
成績評価方法と基準 実習状況・カンファレンス参加状況50%、実習レポート50%
オフィスアワー 木曜日12:00~13:00
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード がん看護、看護過程、看護理論、アセスメント
Key Word(s)
学習内容 複雑で対応の難しいがん患者(治療を受けている患者、あるいはターミナルの患者)を受け持ち、個別性を重視した看護モデルを適用し、あるいは開発し、看護過程を展開する

実習場所:三重大学医学部附属病院
実習期間:後期10週間(毎週木曜日)
学習課題(予習・復習) 実習を通して、短時間でCNSとしての視点でアセスメントを行い、看護過程を展開できる。
ナンバリングコード(試行) MD-N ONC 5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University