三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学系研究科(修士課程・博士前期課程)看護学専攻
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修 必修
授業科目名 がん看護援助論Ⅱ
がんかんごえんじょろん に
Clinical Basis of Oncology Nursing Ⅱ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 7, 8時限
開講場所 成人・精神看護学講座共同利用研究室(402号室)

担当教員 辻川真弓(医学系研究科教授)、坂口美和(医学系研究科准教授)、竹内佐智恵(医学系研究科准教授)、大西和子(鈴鹿医療科学大学教授、三重大学名誉教授,)、大市三鈴(がん専門看護師:伊勢赤十字病院)、中西直也(理学療法士:かいばな内科クリニック)、秋山正子(株式会社ケアーズ白十字訪問看護ステーション統括所長)

TAの情報

学習の目的と方法

授業の概要 がん患者と家族への看護介入の方法を考察し、特定状況における看護介入モデルを探求する能力を養う。                                                
学習の目的
学習の到達目標 1.がんサバイバーシップにおける看護介入モデルを探求する。
2.ターミナル期患者とその家族へのトータルなケア、悲嘆教育などの看護介入モデルを探求する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 PBL キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 ※資料はその都度配布するとともに、学習内容に合わせた参考書を紹介する。

大西和子編集:がん看護学、ヌーヴェル・ヒロカワ
小島操子、佐藤禮子監訳:がん看護コアカリキュラム、医学書院
近藤まゆみ、嶺岸秀子:がんサバイバーシップ-がんとともに生きる人びとへの看護ケア、医歯薬出版
窪寺俊之:スピリチュアルケア概説、三輪書店
参考書
成績評価方法と基準 レポート提出40%、討論準備・参加度60%
オフィスアワー 木曜日12:00~13:00
受講要件
予め履修が望ましい科目 がん看護対象論Ⅰ・Ⅱ
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

第1回 概要
授業時間内の学習内容 がんサバイバー1(辻川)
がんサバイバーシップの概念やその援助方法について学習し、がんの種類と段階に応じた看護のありかたを理解する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第2回 概要
授業時間内の学習内容 がんサバイバー2(坂口)
がん患者の家族のおかれている状況を理解し、家族看護理論を用いながら、家族ケアについて学習・討議する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第3回 概要
授業時間内の学習内容 がんサバイバー3(竹内)
がんサバイバーシップについて、セクシャリティ観点から考える。文献をもとにセクシャリティの意味と看護について検討する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第4回 概要
授業時間内の学習内容 がんサバイバー4(○中西、辻川、坂口)
がんのリハビリテーションという視点での、看護師としての援助のあり方について学習する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第5回 概要
授業時間内の学習内容 がんサバイバー5(○中西、辻川、坂口)
がんのリハビリテーションという視点での、看護師としての援助のあり方について学習する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第6回 概要
授業時間内の学習内容 緩和ケア1(辻川)
緩和ケアとは何かを探求する。緩和ケア先進国であるオーストラリアの実践例と日本の現状とを比較する。  
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第7回 概要
授業時間内の学習内容 緩和ケア2(辻川)
がん患者のトータルペインを理解した上で、スピリチュアルペインの構造とそのケアについて探究する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第8回 概要
授業時間内の学習内容 緩和ケア3(坂口)
悲哀・悲嘆の歴史的外観、諸理論について学習し、がん患者や家族、遺族の悲嘆ケアについて学習・討議する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第9回 概要
授業時間内の学習内容 緩和ケア4(坂口)
家族が看取る力を育む在宅緩和ケアについて、在宅ケア、緩和ケア、家族看護の知識をもちいながら学習、討議をする。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第10回 概要
授業時間内の学習内容 緩和ケア5(○秋山、坂口、辻川)
在宅緩和ケアの視点からがん患者と家族の現状と課題、また、その課題を達成するためのCNSの役割について学習、討議する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第11回 概要
授業時間内の学習内容 緩和ケア6(○秋山、坂口、辻川)
在宅緩和ケアの視点からがん患者と家族の現状と課題、また、その課題を達成するためのCNSの役割について学習、討議する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第12回 概要
授業時間内の学習内容 緩和ケア7(○中村、辻川、坂口)
大学病院の緩和ケアチームでのがん専門看護師としての活動についての実践を紹介し、治療と並行した緩和ケアのあり方について討議する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第13回 概要
授業時間内の学習内容 がん看護とQOL 1(大西)
セルフケアによりQOLを高める方法をホリスティックな視点から講義する。セルフケアとしてのリラックス療法、音楽療法について講義・討議する。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第14回 概要
授業時間内の学習内容 がん看護とQOL 2(辻川)
がん患者のQOL評価について探求する。ターミナル期のQOL評価には多くの課題があることも理解した上で、実際にSTASを用いて演習を行う。
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
第15回 概要
授業時間内の学習内容 まとめ(辻川)
キーワード(Key Word(s))
予習・復習の学習内容
自由記述欄
ナンバリングコード(試行) MD-N ONC 5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University