三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 共生環境学科・地域環境デザイン学教育コース
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 選択必修
教育コース選択必修:農業土木プロ指定科目
授業科目名 測量学(共生環境)
そくりょうがく
Surveying for Terrestrial Information
単位数 2 単位
受講対象学生 共生環境学科・地域保全工学講座
学部(学士課程) : 2年次
平成26年度(2014年度)までの入学者カリキュラム名称
選択・必修 必修
講座必修:地域講座学生
授業科目名 測量学(地域講座)
そくりょうがく
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講 他学科の学生の受講可, 他講座の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間
開講場所

担当教員 ○成岡 市(生物資源学部共生環境学科)

NARIOKA,Hajime

学習の目的と方法

授業の概要 自然環境を安全に保つために「土地資源情報」は必要かつ重要な情報となる。この授業では、土地資源情報すなわち地形情報を得る技術の一つである地形測量(平面測量)、および得られた情報の解析法、利用法等について学習する。
学習の目的 土地資源情報すなわち地形情報を得る技術の一つである地形測量(平面測量)、および得られた情報の解析法、利用法等について学習する。
学習の到達目標 測量学の基礎的技術論、測量に関する各種技術の内容・意義・解析方法、精密測定機器の構造と操作法等、土地資源情報の基礎に関わる能力・知識・技能が習得される。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目
農業土木プログラム-JABEE学習・教育目標との対応:(B).

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 谷口・岡島・廣住・仲村・成岡(2014):「実務測量に挑戦!! 基準点測量」、電気書院、ISBN978-4-485-30079-4
参考書
成績評価方法と基準 単元ごとの小テスト(40%)および期末試験(60%)を総合して評価(100%)する。詳しくは授業中に解説・通知する。
オフィスアワー 随時受け付けている。教員の部屋は、生物資源学部棟3F(313室)。電話番号およびe-mail等は開講時に紹介する。
受講要件 特別な要件は必要としないが、好奇心を持って授業に臨んで欲しい。
予め履修が望ましい科目 生物資源学総論、教養教育科目の数学関係科目など
発展科目 技術者倫理、実践農業農村工学、農業農村工学キャリアアップ演習、測量学実習、測量学演習、ビオトープ論、農地工学など
授業改善への工夫 毎回授業でやりとりするシャトル・カードによって、教員と学生の意思疎通をはかる。
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)
環境教育に関連した科目
測量士補資格取得必修科目(共生環境学科 地域保全工学講座)
高等学校教諭一種免許状(理科)に関する科目
自然環境システム学講座推薦科目

授業計画

キーワード 地形の長さを測る、距離測量、スタジア測量、地形の高低差を測る、水準測量、地形を投影する、平板測量、角測量、トランシット測量、角測量、トラバース測量、測定値の精度と誤差、電磁波測距、トータルステーション、航空写真測量、リモートセンシング、全球測位システム、地理情報システム、地形図を描く
Key Word(s) measure the length of the terrain, measure the height difference between distance survey, stadia surveying, topography, projected leveling, drawing plane surveying, angle surveying, transit surveying, traverse survey, measurement precision and error, electromagnetic radiation ranging, total station, aerial photogrammetry, remote sensing, global positioning system(GPS), geographic information systems(GIS), topographic map
学習内容 1.ガイダンス(授業の進め方など)
2.測量の歴史
3.測量の基準(1)(定義、分類、地球の形状)
4.測量の基準(2)(測量の基準)
5.測量の作業工程、測量数学基礎
6.地理空間情報
7.測量器械
8.測量の実際(1)(器械の取り扱い、踏査、簡易距離測量)
9.測量の実際(2)(トータルステーションの据え付け)
10.測量の実際(3)(角測量)
11.測量の実際(4)(オートレベルの操作、水準測量)
12.基準点測量(1)(概要)
13.基準点測量(2)(観測方法)
14.GNSS測量
15.肉眼立体視、等高線
16.期末試験(最終評価)

※ 詳細は、第一回目のガイダンスで説明する。
学習課題(予習・復習) 関連科目「測量学実習基礎」および「測量学実習応用」にあわせて、実践的に取り組むこと。
ナンバリングコード(試行) BO-AGEN-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University