三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・音楽
科目名 音楽理論
おんがくりろん
Music theory
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次
69 期生
必修科目である「作曲法1」を履修するために、主免許の種類にかかわらず履修することが望ましい。
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 和声法2
わせいほうに
Harmony2
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 5, 6時限
開講場所 教育学部音楽棟2階 合唱室

担当教員 森川 孝太朗(教育学部音楽教育コース)

Kotaro MORIKAWA

学習の目的と方法

授業の概要 本授業は以下の手順で展開する。
1.和声法1での学習内容を発展させていくことにより、西洋音楽において最も基本的な理論体系である和声の語彙を拡張していく。
2.和声の語彙を拡張することにより、調性音楽の文脈の理解力を深めていく。
3.調性音楽の文脈を理解力を深めるとともに、その能力を活用し、実際の楽曲の和声を読み解く能力を向上させる。
学習の目的 四和音や五和音など、不協和音を含むバス課題を実施できる能力を獲得する。
機能和声に基づく調性音楽について、四和音や五和音を含む部分の和声分析ができる能力を獲得する。
機能和声に基づく調性音楽について、それを文脈としてとらえる理解力を確実なものとする。
学習の到達目標 四和音や五和音など、不協和音を含むバス課題が実施できるようになる。
西洋音楽において最も基本的な理論体系である和声の語彙の学習を拡張することにより、調性音楽の文脈の理解力を確実なものとする。
調性音楽の文脈に対しての理解力を確実にすることにより、実際の楽曲について不協和音を含む部分においても和声を読み解くことができる能力を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 実技

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 和声 理論と実習Ⅰ(音楽之友社)
和声 理論と実習Ⅱ(音楽之友社)

※和声 理論と実習Ⅱは当方で用意する。
参考書
成績評価方法と基準 毎授業の課題(20%)、期末試験(40%)、和声分析(40%)、計100%(合計が60%以上で合格)
出席数が2/3に満たないものは不合格とする。
オフィスアワー 毎週水曜日10:30~12:30 場所:作曲・音楽理論研究室
受講要件 基礎的な楽典能力を持っていること。
和声法1を履修済みであること。
予め履修が望ましい科目
発展科目 作曲法1・2
作曲ゼミナール1
授業改善への工夫 授業内容について理解が深まるよう資料をつくる。
その他 五線紙は各自が用意すること。

授業計画

キーワード 音楽理論,機能和声
Key Word(s) music theory, functional harmony
学習内容 1.ガイダンス 
2.属七の和音①
3.属七の和音②
4.属七の和音③  
5.属七の和音④
6.属九の和音①
7.属九の和音②
8.属九の和音③   
9.Ⅱ七の和音①
10.Ⅱ七の和音②   
11.準固有和音①
12.準固有和音②
13.ドッペルドミナンテとナポリの六の和音について
14.和声分析
15.試験(バス課題の実施)
事前・事後学修の内容 事前学修にあたっては、授業で扱う部分についてテキストや資料を参照しておくこと。
事後学修にあたっては、提示されたバス課題を実施すること。
ナンバリングコード(試行) ED-MUTH-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University