三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学研究科(博士前期課程)分子素材工学専攻
領域 主領域 : F
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修
授業科目名 精密反応化学演習I
せいみつはんのうかがくえんしゅう いち
Seminar in Organic Reactions I
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間
開講場所

担当教員 清水 真(工学研究科分子素材工学専攻)

SHIMIZU, Makoto

学習の目的と方法

授業の概要 最新の文献を輪読して有機反応の仕組みを理解し、新反応の可能性を探る。
学習の目的 有機化合物の合成を計画するとき、基本骨格の構築および官能基変換に関して、効率的なルートを考案することができる。さらに個々の分子変換に関して、適切な反応機構を提案することができる。
学習の到達目標 有機合成に用いる合成反応の理解
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴

教科書 最新雑誌
参考書
成績評価方法と基準 最新の文献の発表とその内容に関する質疑応答
オフィスアワー 随時、分子素材工学棟3階3315室に気楽に立ち寄ってください。
受講要件
予め履修が望ましい科目 精密反応特論
発展科目 精密反応化学演習II
授業改善への工夫 発言しない学生がいる場合は、発言を求める。
その他 英語対応授業である。

授業計画

キーワード 有機合成、合成反応、反応中間体、選択性、有機金属化学
Key Word(s) synthetic organic chemistry, synthetic reaction, reaction intermediate, selectivity, organometallic chemistry
学習内容 最新の有機合成関連分野の文献を紹介する。質問に関して適切に説明する。教員および他の学生の発表をきき、疑問をもった点および興味深いところを積極的に質問する。
学習課題(予習・復習) 最新の有機合成関連分野文献を選び、A4用紙にその内容を簡潔に書く。大事な合成反応などは引用文献を適宜調査する。発表した内容に関し、質問された事項で答えられなかったところは、次回までに詳細に調査すること。
ナンバリングコード(試行) EN-ORBI-5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University