三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 生物圏生命化学科・全教育コース
学部(学士課程) : 1年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 細胞生物学
さいぼうせいぶつがく
Cell Biology
単位数 2 単位
受講対象学生 海洋生物資源学科・海洋生物資源学教育コース
学部(学士課程) : 1年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 細胞生物学
さいぼうせいぶつがく
Cell Biology
単位数 1 単位
受講対象学生 生物圏生命科学科・全教育コース
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 細胞生物学
さいぼうせいぶつがく
Cell Biology
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 1, 2時限
開講場所 生物資源学部大講義室

担当教員 ○古丸明(生物圏生命科学科), 苅田修一(生物圏生命科学科),岡垣壮(生物圏生命科学科)

○KOMARU, Akira, KARITA, Shuichi, OKAGAKI, Tsuyoshi

学習の目的と方法

授業の概要 本講義では, 細胞膜, 遺伝子発現, 細胞骨格, 細胞分裂, 細胞周期,細胞内の情報伝達など, 細胞の営みを分子レベルで解説する. 生物の営みを細胞, 分子レベルで理解し, 細胞機能に関する基礎知識を得る.
学習の目的 生命現象を理解するために, すべての生物の基本単位である細胞の機能を理解する. 細胞膜の動態、遺伝子からタンパク質への物質の流れ、さらに細胞骨格の特徴と機能について知識を深める。細胞周期の概要とそれを制御する因子について理解する。さらに細胞内の情報伝達や細胞の作る社会や、癌細胞について理解を深める.
学習の到達目標 生物の営みを細胞, 分子レベルで理解し, 細胞機能に関する基礎知識を得る
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 Moodle

教科書 Essential細胞生物学(B.Albertsら著, 中村桂子ら監訳, 南江堂)
参考書
成績評価方法と基準 期末試験100% 3人の教員が問題を出題する。3枚の合計点が60%以上を合格とする。
オフィスアワー 講義日17:50−(古丸530, 苅田439, 岡垣734)
受講要件 特になし. ただし教科書を必ず購入すること。教科書にそって進めていきます。予習復習をしないと
理解が難しいと思います。また一番新しい版の教科書で学習すること。講義で用いる図版の頁数が微妙に
異なっておりますので、最新版にあわせております。
予め履修が望ましい科目 特になし
発展科目 特になし
授業改善への工夫
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目(高校教諭一種理科)

授業計画

キーワード 細胞膜, 細胞内情報伝達, 細胞骨格, 遺伝子発現, 細胞分裂, 細胞周期,癌
Key Word(s) cell membrane, signal transduction, cytoskeleton, gene expression, mitosis, cell cycle, cancer
学習内容 第1回 細胞とは、
第2回 膜の構造 (11章)
第3回 膜輸送 (12章)
第4回 膜によるエネルギー生産 (13章,14章)
第5回 DNAからタンパク質へ (7章)(第1回〜第5回苅田担当)
第6回 細胞骨格(1)中間径フィラメント, 微小管 (17章)
第7回 細胞骨格(2)モータータンパク, アクチン, 筋収縮)
第8回 細胞分裂の概要(18章)
第9回 細胞分裂を制御する仕組み(MPFとは)
第10回 体細胞分裂と減数分裂(第6回〜第10回 古丸担当)
第11回 細胞内区画と細胞内輸送(15章)エクソサイトーシスとエンドサイトーシス
第12回 細胞外から細胞内への情報伝達(16章)受容体と信号伝達, セカンドメッセンジャー(cAMP, Ca2+, IP3)
第13回 細胞内における情報伝達(16章)GTP結合タンパク質,タンパク質の多重リン酸化反応
第14回 細胞のつくる社会(第20章)組織,細胞接着,細胞外マトリックス
第15回 がん(第20章)良性腫瘍と悪性腫瘍, がん原遺伝子,がん抑制遺伝子,血管新生
(第11回〜第15回 岡垣担当)
学習課題(予習・復習) テキストを必ず購入して毎回、復習すること。授業のみでは十分に内容を深く理解することは難しい。理解の一助にするためレジメを配布するが、それはあくまでも教科書の補助手段としてである。
ナンバリングコード(試行) BO-BIOL-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University