三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教育実地研究に関する科目
科目名 教育実地研究
きょういくじっちけんきゅう
Practical Study of School Education
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 1年次
69 期生
美術教育コース
卒業要件の種別 必修
授業科目名 教育実地研究基礎
きょういくじっちけんきゅうきそ
Introduction to Practical Study of School Education
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

通年集中

開講時間
開講場所 専門2号館2階 美術教育学演習室1

担当教員 上山 浩(教育学部美術教育講座)

UEYAMA, Hiroshi

学習の目的と方法

授業の概要 美術館等の公共施設で開催される子どもの造形活動・鑑賞活動の教育的支援を行う。実際の活動に際し,事前に講義および演習を行う予定である。ただし,受け入れ施設の都合に応じて,内容は流動的である。下記の学習内容欄には,参考として,平成25年度実施実施分を元にした計画を示す。
学習の目的
学習の到達目標 指導者の観点から,教育活動の実際について,イメージを持ち,自らの活動の方針を立てる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 PBL

教科書 とくには事前には指定しないが,実施の過程で必要が生じた場合,指定することがある。
参考書
成績評価方法と基準 期末レポートに実際の活動への参加の様子を加味する。
オフィスアワー 金曜日 12:00〜13:00,場所:専門2号館2階 美術教育学研究室(上山浩)
受講要件 美術作品についての専門知識をある程度もっているか,それについての強い関心のあることが必要。
予め履修が望ましい科目
発展科目 美術科教育法 I,教育実地研究
授業改善への工夫 独自に記名式による授業の感想を聴取するともに,授業内容や授業方法の改善を案出し,実際の授業に活かす。
その他 内容および実施時期は,新年度美術館などの受け入れ施設のでのイベントの開催状況により決定する。概ね10名を上限とした受講制限を行う。美術教育コースの69期生の受講を推奨し,履修を優先する。
尚,授業内容の一部に,附属学校園ないしは隣接校区学校園等での実地活動を含む場合がある。

授業計画

キーワード 指導者の立場 メタ認知
Key Word(s) viewpoint of teacher, metacongnition
学習内容 1.ガイダンス
2.美術館での過去の活動
3.子どもの活動の理解
4.本年度の美術館活動
5.美術館担当者による諸事項の注意
6.実地見学
7.自己の活動方針の検討
8.実地実習
9.実地実習
10.実地実習
11.実地実習
12.実地実習
13.実地実習
14.実地実習
15.事後反省
学習課題(予習・復習) 1.未定
2.未定
3.未定
4.未定
5.未定
6.未定
7.自己の活動の方針について確認する
8.事後レポート
9.未定
10.事後レポート
11.未定
12.事後レポート
13.未定
14.事後レポート
15.未定
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University