三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・人間発達科学に関する専門科目(D類)
科目名 人間発達科学コース選択科目B
にんげんはったつかがくこーすせんたくかもくびー
Course Selective Subject B
受講対象学生 教育学部, D 類

学部(学士課程) : 1年次
69 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 教職入門
きょうしょくにゅうもん
Introduction to Teacher Training
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 伊藤敏子(教育学部学校教育講座)

ITO, Toshiko

学習の目的と方法

授業の概要 教職の意義および教員の役割を考え教員の職務内容を知ることによって、学校現場に関わる講師の談話を交えながら、教職に対する意識を高める。
学習の目的 自身の職業の選択肢としての教職への姿勢を問い直す。
学習の到達目標 自身の職業の選択肢としての教職への姿勢を明確にする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 適宜プリントを配布する。
参考書 講義の際に提示する。
成績評価方法と基準 小レポート20%、レポート80%、計100%。
オフィスアワー 毎週火曜日10:30~12:00、場所教育哲学研究室
受講要件 教職への関心。
予め履修が望ましい科目 省察科目「教職入門」は体験科目「教育実地研究基礎」に対応しています。
発展科目 省察科目「教職入門」は体験科目「教育実地研究基礎」に対応しています。
授業改善への工夫 学生の発言機会を増やす。
その他

授業計画

キーワード 教職の意義、教員の役割
Key Word(s) significance of teaching profession, assignment of teacher
学習内容 ①教職の今日的位置づけⅠ 「教職入門」開講の目的
②教職の今日的位置づけⅡ 免許法とは
③教職の沿革Ⅰ 教員養成制度の変化
④教職の沿革Ⅱ 教師像の変化
⑤教育の現場からⅠ 「三重県の教育改革」
⑥教育という仕事Ⅰ 学校の仕事
⑦教育という仕事Ⅱ 社会の要求
⑧教育の現場からⅡ 「子ども理解にもとづく授業づくり」
⑨教育の現場からⅢ 「子ども理解にもとづく生徒指導」
⑩教育が職業であるためにⅠ 教員に求められる資質
⑪教育が職業であるためにⅡ 資質向上のための研修
⑫教員の現場からⅣ 「初任者・10年経験者研修」
⑬教員が職業であるためにⅢ 新しい動き
⑭教育の現場からⅤ 「危機管理・信頼獲得の学校経営」
⑮まとめ
⑯レポート提出
学習課題(予習・復習) 授業時間に配布された資料を読んでくる。
授業時間に提示された参考図書・参考資料に目を通して授業の理解を深める。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University