三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部分子素材工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 資源利用化学
しげんりようかがく
Resources Chemistry
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業
開講学期

後期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 金子 聡(工学部分子素材工学科)

学習の目的と方法

授業の概要  資源を利用するためには、含有する化学物質を正確に計測する手段が必要である。産業及び工学的に利用されている化学物質を、分析・解析する手段である機器分析法を学習する。本講義を通じて化学分野で使われている分析機器の原理、理論、構造・構成及び応用についての知識を修得し、以て科学的研究に資することを目的とする。
学習の目的  講義が終了した時点で、機器分析法の一般的な知識が習得できる。
学習の到達目標  本講義は化学物質の分析及び解析に不可欠な機器分析法を原理から応用までマスターさせるために開講している。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 エキスパート応用化学テキストシリーズ 機器分析
ISBN: 978-4-06-156807-5
参考書
成績評価方法と基準 出席(40%)と授業中のレポート及び期末試験の成績(60%)により総合的に評価する。
オフィスアワー 月曜日~金曜日12:00~12:50、基本的にはこの時間帯ですが、質問などがある場合にはいつでも気軽に質問に来て下さい。分子素材工学棟4階3421室
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 分析化学I
発展科目
授業改善への工夫 授業中に学生の反応(理解度)を勘案しながら、授業後の学生の意見を参考にして、学生の授業評価アンケートの結果等も参考にし、授業の工夫、組み立て、説明を行う。さらに、授業に関する興味深い話題や知識を盛り込んで授業を進める。
その他

授業計画

キーワード 機器分析法 定量分析 定性分析 電磁波分析 電気分析 分離分析  
Key Word(s) Apparatus analysis, quantitative analysis, qualitative analysis, electromagnetic wave analysis, electroanalysis, separation analysis
学習内容 第1回・第2回
総論,機器分析とは?  
 機器分析法の位置づけ・分類、機器分析法の利点・欠点
吸光光度分析法・紫外吸収スペクトル分析法
 吸光光度分析法および紫外吸収スペクトル分析法は、最も基礎的な機器分析法である。本法の原理・理論、装置の仕組み、分析化学的応用について学習する。
蛍光分析法
 蛍光分析法の原理・理論、装置の仕組み、分析化学的応用について修得する。

第3回 ガスクロマトグラフ分析法
 クロマトグラフ法は化学物質分離分析法として重要な分析法である。クロマトグラフィー分析法の理論、原理について学習し、ガスクロマトグラフ分析法を習得する。

第4回 高速液体クロマトグラフ分析法
 有機化合物の分析法として有用な高速液体クロマトグラフ分析法の概要を理解する。

第5回 原子スペクトル分析の概要、原子吸光分析法
 無機の微量元素の分析法と有効な原子スペクトル分析法の概要を理解する。

第6回 黒鉛炉原子吸光分析法・フレ-ム分析法・ICP発光分析法
 原子吸光分析・フレ-ム分析・ICP発光分析法の理論、原理、応用について学習する。

第7回 電気化学分析法
 電気化学分析法の原理・理論を学び、電量分析法などの応用を学習する。

第8回 熱分析法
 熱重量測定TG、示差熱分析DTA、示差熱量測定DSCを学ぶ。

第9回 質量分析法
 近年とみにその有効性が増してきた質量分析法の原理等について学習する。

第10回 外部講師(企業)によるセミナー

第11回 X線分析法・光電子分光分析法
 X線分析法・光電子分光分析法の原理・理論,装置の仕組み、分析化学的応用について学習する。

第12回 核磁気共鳴吸収法(NMR)・電子スピン共鳴分析法(ESR)
 核磁気共鳴吸収法と電子スピン共鳴分析法の原理・理論、装置の仕組み、分析化学的応用について修得する。

第13回 電子顕微鏡・走査型プローブ顕微鏡分析
 表面分析法として重要な電子顕微鏡・走査型プローブ顕微鏡分析法の原理・理論、装置の仕組みを学習し、ナノスケールを視覚的に解析する方法を習得する。

第14回 放射能分析法 その1

第15回 放射線分析法 その2 
学習課題(予習・復習) 講義を受講する前に、必ず教科書を読んでくること。受講後、講義中に説明された機器分析法を次回までに復習しておくこと。
ナンバリングコード(試行) EN-INAN-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University