三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・理科
科目名 物理学実験
ぶつりがくじっけん
Physics Laboratory
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
~68 期生
卒業要件の種別 必修
授業科目名 理科実験(物理)
りかじっけん(ぶつり)
Science Laboratory (Physics)
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 5, 6, 7時限
開講場所 物理第1実験室

担当教員 牧原義一(教育学部理科教育講座),國仲寛人(教育学部理科教育講座)

MAKIHARA,Yoshikazu , KUNINAKA,Hiroto

学習の目的と方法

授業の概要 基礎的な実験を通して,講義・演習等で学ぶ物理現象や法則について理解を深めるとともに,自然科学を理解するための実験の有効性を学ぶ。また,理工学の各分野で使用されている物理的測定法を学び,実験データの処理方法や実験結果の表現方法など,理科教育における基礎的素養を修得する。
学習の目的 基礎的な実験装置の操作法,および実験データの処理方法を習得する。実験レポートの書き方を習得する。講義で学習した内容とこれから学習する内容を,実験を通して理解する。
学習の到達目標 自然の基礎法則を探る実験の有効性を体得すること。明解な報告書を書く能力を身に付けること。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実験

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 プリント:理科実験(物理)。第1回の講義で配布し使用するので、必ず出席すること。
参考書
成績評価方法と基準 理論と実験についての理解度、毎回の実験を行う姿勢、時間的効率、記録や処理の仕方、実験レポートにより総合評価する。
オフィスアワー 水曜日 12:00~13:00
受講要件 基礎物理学Aを履修済であること。
実験設備の都合上,受講者数を24名までとする。理科教育コースの学生を優先する。
予め履修が望ましい科目 基礎物理学B
発展科目 物理学講義I,II,III,IV,物理学実験
授業改善への工夫 授業中の学生の状況、授業評価アンケート結果を参考にする。
その他 基礎物理学Aの知識を前提とする。実験ノートとして使用するための,A4版ノート1冊を各自用意しておくこと。実験ノートは第1回のオリエンテーションのときから使用する。理科情報基礎と合わせて履修すること。その場合、必ずシラバスに記載されている受講条件を確認すること。

授業計画

キーワード 理科,物理学,実験
Key Word(s) Science Laboratory,Physics
学習内容 第1回 : オリエンテーション(この講義の内容、実験手順に関する説明と,データ処理法および誤差計算についての講義)
第2回~第15回:
<基本計測と誤差計算>: 円柱の体積の測定 <力学> : ボルダの振り子による重力加速度の測定, 表面張力の測定, 力学的エネルギーの保存, 摩擦力の測定 <熱> : 力学的仕事の熱エネルギーへの変換  <電磁気> : 電流と磁石の相互作用, 直流モーター, 電位差計  <原子物理> : フランク-ヘルツの実験  <光学>:分光計による発光スペクトルの観測  
学習課題(予習・復習) 毎回、実験の理論、機器の操作等について十分予習してくること。
ナンバリングコード(試行) ED-PHYS-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University