三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・国語
科目名 国文学
こくぶんがく
Japanese Literature
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
67-69 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 国文学講義・古典Ⅰ
こくぶんがくこうぎ・こてんいち
Lecture of Japanese Classical literatureⅠ
単位数 2 単位
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 4年次
-66 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 国文学講義Ⅲ
こくぶんがくこうぎさん
Lecture in Japanese Literature Ⅲ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 松本 昭彦(教育学部)

学習の目的と方法

授業の概要 一条天皇皇后定子に仕えた清少納言の随筆『枕草子』を読む。
学習の目的 藤原摂関家内部で道長と中関白家(兄道隆及びその子伊周など)の対立や「女房」という職業のあり方など、時代背景を含めて解説することにより、平安時代中期の宮廷生活・貴族生活の中に『枕草子』を置いて、その文学性を確認して行きたいと思う。
学習の到達目標 枕草子について、中学校・高校での授業において必要な文学史的知識と作品解釈力を得る。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 Moodle

教科書 テキスト・資料は配布する。
参考書 ・枕草子日記的章段の研究 赤間恵都子 三省堂
・枕草子枕草子のたくらみ「春はあけぼの」に秘められた思い 山本淳子 朝日選書
・枕草子論究 日記回想段の〈現実〉構成 津島知明 翰林書房
・枕草子発信する力 小森潔 翰林書房
成績評価方法と基準 授業時の調査・考察、発表に対する積極性及びレポートの内容を総合して評価する。三分の二以上の出席を要す。
オフィスアワー 金曜日・2コマ@研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 国文学講義・古典、国文学演習・古典、
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 大伴家持 在原業平 菅原道真 紀貫之 藤原公任 鴨長明 藤原定家 後鳥羽上皇 無住 兼好法師 観阿弥・世阿弥 松尾芭蕉
Key Word(s) Classical Literature
Makura no soushi
学習内容 ①②清少納言伝記Ⅰ
③ 同Ⅱ
④⑤枕草子解説
⑥1段(春は曙)
⑦⑧7段(猫)
⑨35段(木の花は)
⑨78段(草の庵)
⑪80段(則光)
⑫102段(少し春ある)
⑬132段(言はで思ふ)
⑭280段(香炉峰の雪)
⑮跋文
事前・事後学修の内容 予め配布する本文・資料を読み、内容を把握した上で、ポイントとなる事項を考える。
予習の仕方は、最初の授業時に説明する。
ナンバリングコード(試行) ED-JLIT-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University