三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本経済論特論
にほんけいざいろんとくろん
Contemporary Economy of Japan
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 森 久綱(人文学部)

MORI,Hisatsuna

学習の目的と方法

授業の概要 持続可能な経済発展における課題とは何かについての理解を深めるために、「資源循環・環境保全」の側面から、現在直面する諸問題についての解説を行う。
学習の目的 「持続可能な経済システムとは何か」について基礎的な知識を得るとともに、批判的な考察力を得る。
学習の到達目標 日本において構築されつつある資源循環システムにおける課題の理解及び批判的検討を行うための知識や理論的枠組の習得。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 Moodle キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 なし(プリント配布)
参考書 吉田文和『循環型社会』中公新書、2004年。
高月鉱『シリーズ地球と人間の環境を考える08ゴミ問題とライフスタイル』日本評論社、2004年。
細田衛士『グッズとバッズの経済学』東洋経済新報社、1999年。
成績評価方法と基準 レポート又は期末テスト100%
オフィスアワー オフィスアワーについては講義内にて提示する(場所:人文学部専門校舎5F518研究室)
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 設定したテーマについての具体的イメージを得るために各種映像資料等を用いる。
その他

授業計画

キーワード 持続可能な経済発展のための「資源循環・環境保全」のありかたについて考える。
Key Word(s) Sustainable Economy, Recycle
学習内容 大量生産・大量消費・大量廃棄に支えられた日本の経済成長システムは、世界的な資源枯渇と環境悪化にともない、その限界に逢着している。これは日本経済に限定される問題ではないが、本講義では、この問題を解決する一つの方途として日本において進められている資源リサイクルに着目し、その意義と課題についての検討をつうじて、持続可能な経済発展のための「資源循環・環境保全」のありかたについて考えたい。

第1回
ガイダンス
第2〜3回 
日本における資源・環境問題について
第4回
資源調達のグローバル化と資源・環境問題について
第5ー13回
廃棄物リサイクルシステムへの経済学的接近
 廃棄物由来原料と既存原料の差異
  価格形成メカニズム
  流通システム
  資源リサイクルのグローバル化と国内におけるリサイクル問題
   リサイクル事業者における損益と原料・需要確保問題
第14回
持続可能な経済発展とは何か
第15回
講義の整理
第16回
試験
学習課題(予習・復習) 予・復習等が必要な場合には、講義内で指示をする予定である。
ただし、資源リサイクルについては各種制度等が複雑であることから、参考文献等で事前に理解しておくことが望ましい。
ナンバリングコード(試行) HU-ECON-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University