三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 3年次
選択・必修
授業科目名 経済原論演習
けいざいげんろんえんしゅう
Seminar in political economics
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

開講時間 金曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 深井 英喜(人文学部)

FUKAI, Hideki

学習の目的と方法

授業の概要  この講義では、講義で学んだ知識をより深めて実際に使えるようになることを目標にして、少人数での輪読や議論そして論文執筆を通した学習を行う。
 最終的には、卒業研究の指導まで行う。
学習の目的 この演習が目的とするところは、次の3点である。
・理論経済学の基礎をしっかりと習得することを目指す。
・理論経済学の考え方を使って現代資本主義社会の諸現象や諸問題について考える、応用力を高める。
・“論理的思考”や“コミュニケーション力”といった力を高めることを目指す。
学習の到達目標  この演習の1つ目の目的は、理論経済学の基礎をしっかりと習得することにある。とは言っても、経済学のテキストにある経済モデルを単にわかった気になったのでは応用力はつかない。この演習では、経済モデルが前提にしている社会の特徴を考察してこれを検討することで、その理論がどのような特徴を持つとともに限界を持っているかを理解することを目標にする。
 また、この演習では合宿なども行い、ゼミ生間の議論を行ってもらう。その中で、社会に出る際に必要な諸力(“how to”ではなく、論理的思考やコミュニケーション力)とは何かを自分なりに考えて、その力を高めていくことを目標にする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

この演習を通じて、どのような力をどれだけ達成するかは、皆さんの努力次第です。したがって、単に受講しただけでどうにかなるわけではありません。こういう項目はあまり参考にせず、ゼミのなかで自分でしっかりと考えてください。

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 輪読形式が中心になるが、テキストについては参加者との相談の上で決めていく。
参考書
成績評価方法と基準 授業参加度100%
オフィスアワー 私が研究室にいれば、いつでもよい。
受講要件 積極的に演習の活動に参加すること
予め履修が望ましい科目 経済原論ないしは近代経済学を事前に履修していることが望ましい
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 理論経済学
ラディカル派経済学(ケインズ経済学、ポスト・ケインズ経済学、マルクス経済学、制度学派経済学)
ちなみに私の研究分野は、福祉国家体制論(特にイギリス)、貧困・社会的排除問題、社会保障論、分配・再分配論、労働市場理論、家族経済学である。
Key Word(s)
学習内容 ● 夏セメスター
 理論経済学のテキストの輪読を中心に進め、経済学の基礎的な考え方の習得と定着を目指す。
 また、『学生論集』やインゼミ(日本学生経済ゼミナール)に向けてゼミ共通のテーマを設定し、ゼミ内研究会を行っていく。具体的には、テーマに関する著書や論文を探し、その内容をゼミ内に紹介していってもらう。
● 冬セメスター
 『学生論集』やインゼミで設定したテーマに即して、専門書の輪読を中心に進める。夏セメスターで学んだ経済理論の知識を具体的な問題にあてはめて用いることで、理論経済学がもつ意味をより具体的に理解する契機にするとともに、論理的思考の力を高めることを目標にする。
学習課題(予習・復習)  演習での議論が発展するかどうかは、何よりもまず受講生がその回の演習で課されている課題について、しっかりと予習してきたかどうかにかかっている。予習のやり方や注意点については、ここでは書ききれないが、細かい指導を行うように心がけている。
 この演習では、報告などの結果の良し悪しよりも、その報告を準備するまでの過程を重視する。結果にとらわれないで、準備段階で汗をかく労をいとわないこと。
ナンバリングコード(試行) HU-ECON-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University