三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 政治学特論
せいじがくとくろん
Women and Politics
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 岩本美砂子(人文学部法律経済学科)

IWAMOTO,Misako

学習の目的と方法

授業の概要 日本における「女性と政治的代表」をめぐる討論を紹介し、
諸外国での議論と対照をおこなう。
学習の目的 「女性と政治」が、現代政治学のテーマの一つであることを理解し、
比較政治学の一般的知識も獲得する。
学習の到達目標 現代政治を、ジェンダーの観点から批判的に観察する力をつける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 毎回プリントを配布するので、バインダーを用意すること
参考書 日本政治学会 同『ジェンダーと政治過程』木鐸社2010、大海篤子『ジェンダーと政治参加』世織書房,2005 川人貞史他『ジェンダーと政治参画』東北大学出版会,2007、ノーグレン(岩本監訳)『中絶と避妊の政治学』青木書店,2008 三浦まりほか『日本の女性議員』朝日新聞、2016
成績評価方法と基準 レポート2回70%、出席30%
オフィスアワー 木曜3~4限
受講要件
予め履修が望ましい科目 政治学関連の科目を履修しておくことが望ましい。とくに政治学原論を履修し、政治学の一般的知識があることが好ましい。
発展科目
授業改善への工夫 しばらく「比較政治」の観点からの「政治と女性」の議論を紹介してきたが、日本の身近な実例から議論を紹介したい
その他 新聞・テレビ・雑誌・ネットなどを通じ、政治現象に接することが必須であるが、フェイク・ニュースに気をつけること

授業計画

キーワード 女性 ジェンダー 政治参加 クオータ
Key Word(s) women, gender, political participation, gender quota
学習内容 1はじめの39人
2逆コース
3戦後の女性運動
4高度経済成長
52人の美智子
6ウーマンリブ
7マドンナブーム
8政治改革
9DV防止法
10バックラッシュ
11小泉改革
12政権交代と小沢ガールズ
13安倍第2次政権と女性活用
14小池の50日天下
15女性大臣について
16期末試験
事前・事後学修の内容 川人貞史他『政治参画とジェンダー』東北大学出版会 2007。
吉野孝ほか『誰が政治家になるのか』早稲田大学出版会 2001
進藤久美子『ジェンダーで読む日本政治』有斐閣 2004
大海篤子『ジェンダーと政治参加』世織書房 2005
三浦まりほか『ジェンダー・クオータ;世界の女性議員は、なぜ増えたのか』明石書店 2014
  〃   『日本の女性議員』朝日新聞出版 2016
岩本美砂子「リプロダクティヴ・ライツをめぐる政策決定過程の比較」辻村みよ子編『かけがえのない個から;ジェンダー社会科学の可能性、第1巻』が、6カ国比較で、講義のイメージをつかむ役に立つ。
天野正子ほか編『新編フェミニズム』岩波書店2008~2009全12巻のうち、1巻を読んで欲しい。
ナンバリングコード(試行) HU-POLI-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University