三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ 閉じる(シラバスの一覧にもどる)

科目の基本情報

開講年度 2021 年度
開講区分 生物資源学研究科(博士後期課程)共生環境学専攻
受講対象学生 大学院(博士課程・博士後期課程) : 1年次, 2年次, 3年次
選択・必修 選択
授業科目名 地・気象利用施設論
ち・きしょうりようしせつろん
Use of Field and Weather Informations for Agricultural Structures
単位数 2 単位
ナンバリングコード
BIOR-Envr-7491-003
開放科目 非開放科目    
開講学期

前期集中

開講時間
授業形態

オンライン授業

* 状況により変更される可能性があるので定期的に確認して下さい

「オンライン授業」・・・オンライン会議ツール等を利用して実施する同時双方向型の授業
「ハイブリッド授業」・・・「対面授業」と「オンライン授業」を併用した授業
「オンデマンド授業」・・・動画コンテンツの配信等によって実施する授業

開講場所 2021年度はリモートの予定です

担当教員 加治佐 隆光(生物資源学研究科共生環境学専攻)

KAJISA Takamitsu

SDGsの目標
連絡事項

* 状況により変更される可能性があるので定期的に確認して下さい

学修の目的と方法

授業の概要 受講生の専門性を尊重して、年度ごとにテーマを調整している。
最近には、数理モデル、統計モデルを中心にしている。
学修の目的 応用性を重視しているのでモデル作成の過程においては、実際の観測と測定を行い、そこから得られる知見の導入をはかる。
学修の到達目標 モデルの作成には自作を想定している、その作成過程において、多くのノイズ、あるいは不安定性の存在を確認できると予想できる。それらを体験して問題の解決能力を高める。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  •  表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 プレゼンテーション、レポートなどを総合的に評価する。
授業の方法 講義

授業の特徴

PBL

問題提示型PBL(事例シナリオ活用含)
問題自己設定型PBL

特色ある教育

反転授業

英語を用いた教育

教員と学生のやり取りは日本語でも、英語による論文や教材の講読を含んだ授業
授業改善の工夫 計画的にできない場合も多いので改善に努めたい。
教科書 (最初の授業で説明します)
参考書
オフィスアワー 曜日を問いません,12:00~13:00,320号室
受講要件 (特になし)
予め履修が望ましい科目 水資源工学特論,水資源工学演習
発展科目 (特になし)
その他

授業計画

MoodleのコースURL https://moodle.mie-u.ac.jp/moodle35/course/view.php?id=9690
キーワード 水資源、地球化学、環境、エネルギー
Key Word(s) Water resource, geochemistry, environment, energy
学修内容 1回目 授業全体の紹介

2~15回 
数回は教員がプレゼンテーションを行い、全員が議論・検討を行う。
残りの数回は、学生がプレゼンテーションを行い、全員が議論・検討を行う。

16回 総評を行う。

ただし、数回分ずつを、集中講義のように行う場合があります。
事前・事後学修の内容
事前学修の時間:60分/回    事後学修の時間:180分/回

Copyright (c) Mie University