三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 アジア・オセアニアの思想H
あじあ・おせあにあのしそうえいち
Asian and Oceanian Philosophy
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HU-ASOC2

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

後期

開講時間 木曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 西信康

NISHI,Nobuyasu

学修の目的と方法

授業の概要 竹簡(ちくかん)や帛書(はくしょ)といった出土資料の発見が古代中国思想研究に与える影響と可能性を考察する。
学修の目的 1974年の馬王堆漢墓帛書(ばおうたいかんぼはくしょ)の公開から今日に至るまで、出土資料の新たな発見は、古代中国思想に対する我々の知識を日々更新しつつある。馬王堆漢墓帛書の発見は、儒家の経典の一つである『周易』が前漢時代にどのような形を留めていたのか、また道家と法家との思想的な関係が我々の想定以上に密接で、しかも独自の発展を遂げていたこと、或いは後世の中国医学や占いの類が既に前漢時代には相当に発達していたことなどを我々に知らせた。その資料的価値は枚挙にいとまがない。本講義では、以上の他、郭店楚墓竹簡(かくてんそぼちくかん)、睡虎地秦墓竹簡(すいこちしんぼちくかん)、上海博物館蔵戦国楚竹書(しゃんはいはくぶつかんぞうせんごくそちくしょ)、そして清華大学蔵戦国竹簡(せいかだいがくせんごくちくかん)等をとりあげ、それらの発見がどのような新知見をもたらしたのかについて解説する。
学修の到達目標 1,多彩な出土資料に触れることで、古代中国の多彩な文化を理解する。
2,我々日本人になじみの深い習慣や文化がじつは古代中国に淵源があることを理解する。
3,世紀の大発見に立ち会えたことの喜びと興奮とをともに分かち合う。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
 自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  •  表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  •  問題発見解決力
  • ○心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 毎回の小レポート(20%)と期末レポート(80%)
授業の方法 講義

授業の特徴

PBL

特色ある教育

英語を用いた教育

授業改善の工夫
教科書 プリントを配布する
参考書 湯浅邦弘『論語』中公新書新書2012
福田哲之『文字の発見が歴史をゆるがす』二玄社 2003
井ノ口哲也『入門 中国思想史』勁草書房 2012
オフィスアワー 授業後
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
その他

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 古代中国思想 / 出土資料 
Key Word(s) Ancient Chinese philosophy / Excavated manuscript
学修内容 出土資料の中からテーマを選び、従来の資料からはうかがい知れなかった事実や、新たな課題について解説する。

第1回  導入─中国の出土文字資料─
第2回  暦注と十二支と古代中国─睡虎地秦墓竹簡『日書(にっしょ)』─
第3回  古代中国の刑法─睡虎地秦墓竹簡『法律答問(ほうりつとうもん)』─
第4回  名馬を見抜け─馬王堆漢墓帛書『相馬経(そうまけい)』─
第5回  道家と法家の融合、黄老思想─馬王堆漢墓帛書『黄帝四経(こうていしけい)』─
第6回  「集大成」とは何か?─馬王堆漢墓帛書五行篇─
第7回  子思・孟子学派の新資料発見か?─郭店楚簡『五行』の思想─
第8回  儒家と道家の融合─同上─
第9回  天与の本性と心の自由─郭店楚簡『性自命出(せいじめいしゅつ)』─
第10回 運命と自由─郭店楚簡『窮達以時(きゅうたついじ)』─
第11回 宇宙の成り立ちと法則①─郭店楚簡『太一生水(たいいつせいすい)』─
第12回 宇宙の成り立ちと法則②─同上─
第13回 万物の多様性と生成原理─上海博物館蔵戦国楚竹書『恒先(こうせん)』─
第14回 なぜ霊魂の実在が問われるのか?─上海博物館蔵戦国楚竹書『鬼神之明(きしんのめい)』─
第15回 まとめ─出土資料の発見と思想史研究の課題─
事前・事後学修の内容  事前に高等学校の世界史や倫理の教科書、乃至は上記参考文献に挙げた概説書に目を通し、人物や諸子百家に関する知識を再確認しておくことが望ましい。また、この確認作業は、レポート作成を視野に入れ、学期を通して継続することが望ましい。
 また、出土資料は、その内容の解釈について未解決の問題が多々ある。よって、受講者は授業中は勿論のこと、授業後もあれこれと考えて、主体的にその解決に取り組んでみてほしい。

Copyright (c) Mie University