三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 ドイツ文学演習B
どいつぶんがくえんしゅうB
Seminar on German Literature B
単位数 2 単位
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 ドイツ文学演習B
どいつぶんがくえんしゅうB
Seminar on German Literature B
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HU-CLTR2

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

前期

開講時間 金曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 菅 利恵(人文学部)

SUGA, Rie

学修の目的と方法

授業の概要 「結婚」をモチーフとしたグリム童話を数編講読する。ドイツ語の精読により中級程度のドイツ語能力を養うとともに、結婚や家族形成に関するモチーフの文学史的展開やドイツ語圏における家族観の歴史についても学び、グリム童話に複数見られる「動物と結婚する娘」というモチーフの文化的な背景について考察する。適宜文法事項の復習も行う。
学修の目的 ・文法練習と精読、発音練習を通して、実践的なドイツ語能力を高める。
・グリム童話の成立過程や時代背景について基本的な知識を得る。
・結婚や家族形成に関するモチーフの文学史的展開やドイツ語圏における家族観の歴史について基本的な知識を得る。
学修の到達目標 ・辞書を使ってドイツ語の小説を読むことができる。
・文学的テクストのモチーフ上の類型に注目し、その背景について分析的な考察を行うことができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
○人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
○自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 授業中の発表で評価する。
授業の方法 演習

授業の特徴

PBL

特色ある教育

グループ学習の要素を加えた授業
その他、能動的要素を加えた授業(ミニッツペーパー、シャトルカードなど)

英語を用いた教育

授業改善の工夫
教科書 プリント配布
参考書
オフィスアワー 火曜日 11:00~12:00 (事前にメールすること)
受講要件 異文化理解(ドイツ語)Iを修得していること。もしくは同程度のドイツ語力があること。
予め履修が望ましい科目 異文化理解(ドイツ語)I
発展科目 ドイツの文学
ドイツ文学論
その他

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード ドイツ語、ドイツ文化、グリム童話
Key Word(s)
学修内容 「結婚」をモチーフとしたグリム童話をドイツ語で講読する。本文をドイツ語で精読するとともに、文法練習や発音練習を行う。時代背景や、モチーフの背景についての講義も行う。参加者は、毎回ドイツ語講読の予習が必要である。テーマにそくした発表も課す。

1  導入
2〜5 本文読解、文法練習 、グリム兄弟とグリム童話について、ドイツ語講読  『盗賊の花婿 (Der Räuberbräutigam、KHM40)』
6〜10 本文読解、文法練習、結婚や家族形成に関する文化的背景について 、ドイツ語講読 『ハンスぼっちゃん針ネズミ(Hans mein Igel、KHM108)』
11〜14  本文読解、文法練習 、動物と結婚する花嫁のモチーフについて、ドイツ語講読 『カエルの王子(Der Froschkönig oder der eiserne Heinrich、 KHM1)』
15  まとめ
事前・事後学修の内容 参加者は毎回予習が必要である。

Copyright (c) Mie University