三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2017年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 1年次
2017年度以降に入学した文化学科1年次生の必修科目です。2016年度以前に入学した学生は履修できません。
選択・必修 必修
授業科目名 地域から考える文化と社会
ちいきからかんがえるぶんかとしゃかい
Consideration from a local viewpoint
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HU-CLTR1

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

前期

開講時間 月曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 ○文化学科長(人文学部)、ほか文化学科教員・法律経済学科教員

学修の目的と方法

授業の概要 三重県及び東海圏を中心に、地域固有の文化や地域の抱える社会的諸課題について知るとともに、それらを理解する上で不可欠な学問的視点について学ぶ。
学修の目的 実際に三重県・東海地域で活躍している社会人の方々の講義(講演)や、多様な専門的視点に基づく教員からの話を聞き、地域固有の文化や地域の抱える社会的諸課題について知るとともに、それらを理解する上での学問的視点の大切さを理解する。また社会人による講義を通じて、将来の進路に関する問題意識を持つ。
学修の到達目標 地域固有の文化や地域の抱える社会的諸問題についての知識を得るとともに、専門科目を学ぶ上での問題意識を持つことができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
 自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  • ○リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  • ○社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 レポート100%。ただし4回以上欠席した場合は評価の対象としない。
授業の方法 講義

授業の特徴

PBL

特色ある教育

キャリア教育の要素を加えた授業

英語を用いた教育

授業改善の工夫 地域固有の文化的事象や社会的諸問題に関して、多様な観点からの具体的な話題提供ができるよう配慮する。
教科書 特に用いない。
参考書 特に用いない。
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
その他

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 三重県、地域、文化、社会
Key Word(s) the Mie area, Culture, Social problems
学修内容 本講義は、三重県及び東海圏で活躍されている社会人の方々の講義(講演)と、多様な専門的視点に基づく教員の講義によって構成される。担当者が毎回変わるリレー講義形式となる。
予定している各回のテーマは以下の通りである。ただし、社会人の都合等により、講義の順番及び内容は入れ替わる可能性がある。詳しくは第1回の講義で提示する。

第1回:ガイダンス
第2回:『古事記』と三重
第3回:地域における偉人顕彰
第4回:三重のアメリカ移民
第5回:観光のお仕事~三重県のこと、どのくらい知っていますか?~
第6回:日本語を母語としない児童の多い地域での放課後学習支援 -多文化共生を考える-
第7回~第11回:社会人講師による講義(法律経済学科と共通)
第12回:地域の固有性をめぐる議論:ドイツの地方分権論
第13回:ことばと文化について:言語学の観点から
第14回:三重県の環境について①
第15回:三重県の環境について②
事前・事後学修の内容 講義で提供された知識・知見を自らの学習で深め、レポートに反映させることが求められる。

Copyright (c) Mie University