三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 英語会話中級B
えいごかいわちゅうきゅう びい
Intermediate English Conversation B
単位数 1 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 英語会話中級B
えいごかいわちゅうきゅう びい
Intermediate English Conversation B
単位数 1 単位
ナンバリングコード
HUEURO1

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

後期

開講時間 月曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 ジュネジャ、インドゥ

Juneja, Indu

学修の目的と方法

授業の概要 The course focuses on improving students’ conversational skills by learning how to utilize contextual clues in order to understand unfamiliar words or phrases. It offers students a clear step by step sequence integrating structural functions and topics needed to communicate effectively. There will be pair practice and small group discussions followed by presentations with question and answer sessions.
学修の目的 The purpose of the course is to make students think and make them able to express themselves logically by giving reasons for their choices they tend to make in their daily lives and their carriers.
学修の到達目標 The main theme of the course is to help students learn and apply communicative strategies to develop their overall English competence. As a result, students should be able to further improve their speaking, listening, reading and writing skills along with improving English pronunciation and speaking fluency. They should also gain confidence in organizing and presenting their ideas, opinions and thoughts to their classmates.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
○自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  • ○心身・健康に対する意識
  • ○社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 Classwork 60%
Contribution for the class 40%
授業の方法 講義 演習

授業の特徴

PBL

問題提示型PBL(事例シナリオ活用含)

特色ある教育

英語を用いた教育

教員と学生、学生相互のやり取りが、ほぼ英語で進められる授業
授業改善の工夫
教科書 Not required
参考書 During the lecture, the teacher in charge will hand out materials accordingly.
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
その他

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード
Key Word(s)
学修内容 授業計画
第1回; Course Orientation and Getting to Know Each other
第2回; Talking about Experiences---summer vacation, childhood, school, family
第3回; Talking about Food---ingredients, measurements, cooking methods, Japanese food vs. other foods
第4回; Presentations on How to Cook a Dish
第5回; Talking about Entertainment---TV, music, movies, games
第6回; A Debate on Good and Bad Points of Different Kinds of Entertainment on Children and Young People
第7回; Sports---kind of sports, individual vs. team sports, their favorite sports, sports they want to try
第8回; Talking about Jobs---choosing jobs, job preferences, problems in the work place, gender equality
第9回; Presentations on Employment Situation in Japan---researching the current trends and job market
第10回; Travel---domestic and international travel, budgeting, problems, their favorite places
第11回; Presentations on a Trip they Remember the Most
第12回; Money Matters---attitudes about money, understanding prices and numbers, monthly budget
第13回; Giving and Asking for Directions---asking the location of a place and how to get
there, explaining maps in their neighborhoods
第14回; Giving Advice---problems related to health, job, culture, school
第15回; Pair/Group Discussions on the Real Problems Most Students Face
定期試験; Review and Final Exam
事前・事後学修の内容

Copyright (c) Mie University