三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2017年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 特殊講義 ラテンアメリカの人類学
とくしゅこうぎ らてんあめりかのじんるいがく
Special Lecture in Latin American Anthropology
単位数 2 単位
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 特殊講義 ラテンアメリカの人類学
とくしゅこうぎ らてんあめりかのじんるいがく
Special Lecture in Latin American Anthropology
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HUCLTR2

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

前期

開講時間 木曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 河邉 真次

KAWABE, Shinji

学修の目的と方法

授業の概要 人間にとって「文化とは何か?」という問いにさまざまな形で取り組んできた文化人類学において、ラテンアメリカはつねに刺激的なフィールドであり続けてきた。同時に、ラテンアメリカの民族誌的事例から文化人類学全体へと影響を与えたテーマも少なくない。本講義では、ラテンアメリカの文化人類学研究における主要テーマを取り上げ、文化人類学の理論的枠組みと照応しつつ、当該地域の文化的・民族誌的現在とその問題系にアプローチする。
学修の目的 近年、ラテンアメリカ地域への日本企業の積極的な進出やTPP協定をめぐる動きなどを通じて、日本とラテンアメリカとの国際関係はより密接になってきており、今後ラテンアメリカに関する情報量や人的交流の機会がますます増えていくと予想される。その際、地理的にも文化的にも日本から最も遠いラテンアメリカにおいて、人びとがどのような社会文化的状況で生きているのか、日本との違いは何か、その違いの背景にあるものは何かといった、ラテンアメリカ文化理解のためのまなざしを養うことができる。また、文化人類学の理論的枠組みを学ぶことによって比較文化の視座を獲得することができる。
学修の到達目標 本講義を通じて、文化人類学の理論的枠組に即してラテンアメリカ文化を理解するまなざしを養うとともに、自分化を含む世界の他地域との比較を通じて、ラテンアメリカ特有の文化事象について建設的な議論ができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
 自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  •  表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  •  実践外国語力
生きる力
  •  問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 授業時のコメントペーパー30%、レポート70%、計100%(60%以上で合格)
授業の方法 講義

授業の特徴

PBL

特色ある教育

その他、能動的要素を加えた授業(ミニッツペーパー、シャトルカードなど)

英語を用いた教育

授業改善の工夫
教科書 使用しない。
参考書
オフィスアワー 授業の前後に講師控室にて受け付ける。
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
その他

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード ラテンアメリカ、文化人類学
Key Word(s) Latin America, Cultural Anthropology
学修内容 1.オリエンテーション:ラテンアメリカと人類学
2.2つの文化の遭遇
3.先史学と人類学
4.エスノヒストリー
5.疑似的親族関係(コンパドラスゴ)
6.農民と農村社会
7.生業と環境利用
8.インディヘニスモ
9.開発をめぐる諸問題
10.文化遺産と観光
11.宗教的習合(シンクレティズム)
12.聖なるものと巡礼
13.身体観と医療
14.カーニバルの諸相
15.総括
事前・事後学修の内容 事前学習:
毎回の講義テーマについて、書籍や新聞、インターネットなどを通じてラテンアメリカについての予備知識を得ておくこと。また、本講義の理論的枠組を理解する上で、文化人類学に関する入門書を読んでおくことが望ましい。なお、推奨する入門書は講義中に指示する。
事後学習:
毎回の講義テーマで扱った事例との比較のため、ラテンアメリカのみならず、世界の他地域の民族誌やモノグラフを積極的に探して読破すること。

Copyright (c) Mie University