三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教職に関する科目
科目名 中学校・高校の教科教育法
ちゅうがっこう・こうこうのきょうかきょういくほう
Teaching Methodology in Junior and Senior High School
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
69 期生
卒業要件の種別 必修
授業科目名 音楽科教育法Ⅱ
おんがくかきょういくほう に
Methodology of Music Education Ⅱ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 5, 6時限
開講場所 教育学部音楽棟1階 音楽教育演習室

担当教員 高橋 摩衣子(非常勤講師)

TAKAHASHI, Maiko

学習の目的と方法

授業の概要  本授業では、中・高音楽科で学習する内容として、教科書分析から音楽理論を探究し、中・高音楽科における教科観と指導力を身につけるようにする。そして、音楽科の実践研究全般の動向を踏まえ、教育内容 −教材 −子どもの関係をとらえた授業設計を考案し、情報機器及び教材棟の効果的な活用も取り入れながら、幅広い教育実践が行えるようにする。
学習の目的 中・高音楽科における音楽科のカリキュラム構成について知識を得て、授業を計画・実践できる力を身につける。
学習の到達目標  学習指導要領に示された中学校・高等学校音楽科の主な内容や学習評価について理解する。
 中・高音楽科の背景となる音楽理論と発展的な内容を探究し、また音楽科の実践研究の動向を知り、授業設計に活用できるようにする。
 子どもの認識・思考力・表現力等を視野に入れた授業設計を考案できるようにする。
 授業において情報機器及び教材を効果的に活用できるようにする。
 授業を計画・実践し、振り返りを通して授業改善の視点を身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習 実技

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 『中学校学習指導要領解説 音楽編』(文部科学省)
中・高音楽教科書
参考書 授業中、指示する。
成績評価方法と基準 授業の中で、適宜、紹介する。
オフィスアワー 兼重研究室 金曜12:00~13:00  n-kane@edu.mie-u.ac.jp
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード カリキュラム、〔共通事項〕、音楽科の授業形態
Key Word(s) Curriculum, Commoc Items for Music-Making and Appraising, Styles of Music Class
学習内容 第1回:中学校・高等学校音楽科の学習指導要領の変遷
第2回:中学校・高等学校音楽科の現学習指導要領改訂趣旨
第3回:音楽教科書内容検討 中学校第1学年
第4回:音楽教科書内容検討 中学校第2学年
第5回:音楽教科書内容検討 中学校第3学年
第6回:音楽教科書内容検討 高等学校
第7回:音楽教科書内容検討 発表とまとめ
第8回:音楽科の実践研究の動向 表現の授業に着目して
第9回:音楽科の実践研究の動向 鑑賞の授業に着目して
第10回:音楽科における題材構成および評価の考え方について
第11回:学習指導案の作成
第12回:主題による題材構成による模擬授業実践および検討
第13回:楽曲による題材構成による模擬授業実践および検討
第14回:創作を中心とした題材構成による模擬授業実践および検討
第15回:模擬授業のふりかえりとモデル授業分析
定期試験
事前・事後学修の内容
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University