三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・音楽
科目名 声楽
せいがく
Vocal Music
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次
69 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 声楽研究3
せいがくけんきゅう3
Vocal Music3
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 7, 8時限
開講場所 教育学部音楽棟2階 アンサンブル室

担当教員 小林 史子(教育学部非常勤講師)

FUMIKO Kobayashi

学習の目的と方法

授業の概要 歌唱技術の習得、イタリアの伝統的な歌唱法(ベルカント)を基に、ソルフェージュ、声区の融合、母音形成、装飾を順に学ぶ。その後それぞれの個性に合った曲を選び、演奏する。
学習の目的 身体を楽器としてとらえ、それぞれの声が本来持っている良さに目を向けて、自分の声に適した美しい歌唱法を身につける。確かな技術を用いて演奏することで、表現することの楽しさを追求する。
学習の到達目標 歌唱法を科学的に理解することで、声の健康や発声の仕組みを知り、声のケアや無理のない発声方法を身につける。日本語、外国語の正しい発音とニュアンスを身につけ、表現を深める。また歌唱のための技術を平易な言葉で、生徒に伝えられること、生徒の個性や年齢にあった指導ができるように目指す。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 PBL グループ学習の要素を加えた授業

教科書 ナーヴァ op.9 elementary exercises for medium voice カワイ出版 ・ マチルデ マルケージ op.21 全音楽譜出版社
参考書
成績評価方法と基準 授業態度、出席日数。 試演会での演奏などを基準に、総合的に判断する。
オフィスアワー
受講要件 2年生以上(声楽研究1・2を履修済の学生)
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 個々の能力に合った指導をこころがけ、学生とのコミュニケーションを密にする。学生からの希望があれば考慮します。
その他

授業計画

キーワード ファルセット  ・ 胸声 ・ 声区の融合 ・ 装飾
Key Word(s) farsetto ・ voce di petto ・ voce di finte ・ sorfeggio
学習内容 1、ガイダンス 授業内容の確認
2、発声理論についての講義、身体・声の仕組みについて
3~13、演習
14、試演
15、まとめ
将来、指導することを目的として、基本的な発声理論、体の仕組みやメンテナンスの仕方を常に考えながら、授業に参加すること。       
事前・事後学修の内容 体調管理に気を配り、課題曲の予習、(譜読み、演奏スタイルなどの考察、言葉の理解など)復習をする。常に新鮮な気持ちで課題曲に向き合うこと。
ナンバリングコード(試行) ED-VOMU-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University