三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 医学部医学科 ・臨床実習
受講対象学生 学部(学士課程) : 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 必修
授業科目名 消化管外科
しょうかかんげか
Gastrointestinal surgery
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

スケジュール表による

開講時間 月曜日 1, 2, 3, 4時限; 火曜日 1, 2, 3, 4時限; 水曜日 1, 2, 3, 4時限; 木曜日 1, 2, 3, 4時限; 金曜日 1, 2, 3, 4時限
開講場所 三重大学病院 9階北病棟 12階三医会ホール
手術室 外来棟外科外来 臨床研究棟7階談話室

担当教員 〇問山裕二 荒木俊光 大井正貴 廣純一郎 吉山繁幸 奥川喜永

〇Yuji Toiyama, Toshimistu Araki, Masaki Ohi, Junihiro Hiro, Shigeyuki Yoshiyama, Yoshinaga Okugawa

学習の目的と方法

授業の概要 ・消化管外科領域の疾患の経験を中心に、チーム医療の一員として、消化管外科領域の疾患の病態を解釈し、問題解決のための学習方法と英語でのプレゼンてテーション能力を身に着け、回診や手術への参加を通じて外科領域における診療態度や技能の修得を目的とする診療参加型臨床実習(実習期間2週間)である。
・肝胆膵・移植外科(二週間)、心臓血管外科・呼吸器外科(二週間)、乳腺外科(形成外科含む)(二週間)の実習合格をもって、臨床科目:外科学・胸部外科学の単位を認定する。
学習の目的 将来、いずれの科にすすんでも、ニーズに応じて基本的な外科処置や緊急対応ができ、患者、家族を中心とした最善の医療を提供し、医の倫理に基づいた医師としての基本的な診療能力を身に着けるために、消化管外科領域疾患の手術、周術期管理の実際をチーム医療の一員として経験することにより、幅広い知識を獲得し、基礎的な外科的主義を習得するとともに、消化管外科の役割と特性を知る。
学習の到達目標 医学教育モデル・コア・カリキュラムに定められる以下の項目が学習到達目標となる。
A-1~9, B-1-3), B2-2), B-3, B-4-1), C-4, D-7-1)~2), D-7-3)-(2), D7-4)-(1)~(3), D-7-4)-(8), E-2~3, E-6, E-8, F-1-20)~23), F-2-5)~9),F-3-3)~5), G-2-20), G-3-3), G-4-1)-(2).
上記内容は消化管外科での臨床実習において、頻繁に遭遇する疾患・病態であり、事前予習を行い知識を確認することが求められる。また医師、医療者が身に着けるべき態度・週刊・医療保険制度にかかわる内容について目を通しておくことが望ましい。
B-1-8), C3, C-5, D-5-4)-(1)~(3), D-5-4)-(10), D-6-4)-(1)~(3), D-7-4)-(4)~(5), D-7-4)~(7), E-4-3)-(6), E-9, F-1-1)~5), F-1-10)~13), F-1-15)~19), F-1-24)~29), F-1-34), F-2-13)~16), G-2-1)~5), G-2-10)~13), G-2-15)~19), G-2-24)~29), G-2-34), G-3-1)~2)
上記内容は消化管外科での印象実習において、考慮すべき関連領域にかかわる内容であり、事前に知識の確認を行っておくことが望ましい。
さらに、外科学の基礎的知識・診療技術(検査、処置)、基本的手技技術の修得。すなわち
1)手術適応の判断や術前、術後に必要な検査と管理法について理解し概説することができる。さらに胃の臨沂、医療行政や生涯教育の重要性についても理解できる。
2) 病態の性格な把握ができるように、全身にわたる身体診察を系統的に実施し、記載するために、全身の観察(バイタルサインと精神状態の把握、皮膚や表在リンパ節の診察を含む)、腹部の診察(直腸診を含む)を行い、記載することができる。
3)入院患者を受け持ち、診断、検査、治療方針について、症例検討会でのプレゼンテーションを行うことができる。
4) 指導医とともにチーム医療の一員として手術に参加し、助手を務めることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 三重大学消化管小児外科ホームページ(診療のご案内)
http://www.medic.mie-u.ac.jp/geka2/patient/index.html
参考書 大腸外科学書 楠正人著 金芳堂
成績評価方法と基準 総括試験:記述試験(50%)、論述+口頭試問(50%)、計100% (合計60%以上で合格)
オフィスアワー 毎週月曜日~金曜日、8:00-17:15, 附属病院9階北病棟ドクターステーション 
問山裕二 もしくは 奥川喜永
不在時は、病棟担当医、もしくは医局または病棟事務補佐員を通じて連絡
学生用PHSを活用すること
受講要件 4年時に実施されるCATO(医療系大学間共有試験実施評価機構)によるCBT(Compited based test)、OSCE(客観的臨床能力試験)に合格していること。
予め履修が望ましい科目 医学科1年から4年時までに履修、合格が求められている全科目
発展科目
授業改善への工夫 ・実習終了時のアンケートを担当教員へフィードバックすることで
 授業の改善を図っている
・実習終了時のアンケートの結果も参考に、より内容の濃い実習と
 なるように診療科一丸となって努力します。
その他 前の実習班より、実習スケジュールに関する引継ぎを受けておくことが望ましい。

授業計画

キーワード 食道癌 胃癌 結腸癌 直腸癌 炎症性腸疾患 潰瘍性大腸炎 クローン病
腸閉塞 汎発性腹膜炎 虫垂炎 胃穿孔 小腸穿孔 大腸穿孔 絞扼性腸閉塞
全身化学療法 放射線療法
Key Word(s) Esophageal cancer, Gastric cancer, Colon Cancer, Rectal cancer, Inflammatory bowel disease, Ulcerative colitis, Crohn Disease, Small bowel obstruction, Pan-peritonitis, Appendicitis, Perforation, Strangulation, Systemic chemotherapy, Radiotherapy
学習内容 8:20 9北集合(教授、准教授による当直事項確認後、8:30から仕事開始

・基本は配属グループ(成人Aグループ(上部消化管・CDグループ)、成人Bグループ(下部消化管)、小児外科グループ)で行動する。
・火曜日 8:25分集合(時間厳守)、8:30から教授回診参加
・手術日(月曜日午後、火曜日、木曜日)は手術見学
・火曜日 17:15 医局会。ジャーナルクラブ、リサーチミーティング

・成人は2週間の間に、各一症例ずつ手術術前症例を担当し、可能であれば、担当医からの術前ICにも同席し、見学する。またそのうえで、翌日の手術症例を見学し、状況により清潔での手術参加をお願いする。また術後検査にも率先的に参加し、患者家族への手術説明ならびに検査日時は各症例担当医(チーム医)に確認すること。

各班実習期間中に、講義を予定
第一週目月曜日午後四時:荒木准教授、
第二週目月曜日午後四時:大井講師
第一週目水曜日午後四時:問山講師
第二週目水曜日午後四時:奥川助教
場所:臨床研究棟7階消化管・小児外科学講座、談話室
事前・事後学修の内容 事前学習;医学教育モデル コア・カリキュラムの該当する到達目標(消化管外科領域)について事前に参照し、理解の不足しているところについては、消化管外科ホームページhttp://www.medic.mie-u.ac.jp/geka2/patient/index.htmlならびにそこからリンク可能な各疾患ガイドラインで学習しておくこと。
事後学習:医学教育モデル コア・カリキュラムの該当する到達目標(消化管外科)のうち理解が不十分な項目や実習で経験した症例についてアウトカムや課題を整理し、教科書や文献、PubMedなどEBMに基づいた復習により問題解決レベルの知識を統合定着させる。
ナンバリングコード(試行)

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University