三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学研究科(教職大学院)教職実践高度化専攻・中核(コア)科目
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 2年次
選択・必修 必修
授業科目名 課題発見・解決実習Ⅱ
かだいはっけん・かいけつじっしゅうに
Subject Discovery / Solution training Ⅱ
単位数 5 単位
他学部・他研究科からの受講 自専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

学部新卒学生は 前期 水曜日 1-8
現職教員学生は 後期前半期に2-4週間 東紀州実習 10日間

開講時間 水曜日 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8時限
開講時期については学部新卒学生を表示している
開講場所 連携協力校

担当教員 森脇健夫,須曽野仁志,瀬戸健一,織田泰幸,園部友里恵,笹屋孝允,田邉正明,市川則文,飛岡美穂,天野智裕,濱田嘉昭,東 俊之,髙田明裕,杉澤久美子

MORIWAKI, Takeo; SUSONO,Hitoshi; SETO, Kenichi; ODA,Yasuyuki; SONOBE,Yurie; SASAYA,Takayoshi; TANABE, Masaaki; ICHIKAWA, Norifumi; TOBIOKA, Miho; AMANO,Tomohiro; HAMADA, Yoshiaki; HIGASHI, Toshiyuki, TAKADA, Akihiro; SUGISAWA,Kumiko

学習の目的と方法

授業の概要 自らの研修テーマについて年間を通して,現任校において課題の解決に主眼をおいた長期実習を行う。課題発見・解決実習Ⅰでは課題の発見を主たる目的にするが,この課題発見・解決実習Ⅱにおいては,Ⅰにおいて所在を確定した課題について調査・研究を基盤とした仮説をたて,現任校において,日常的な教育実践にかかわりながら課題の解決を行うのが主たる目的である。2年目,現職教員学生は2.5日現任校に戻る。その際,一週間に0.5日を長期実習に当てる。なお,現任校実習においては,指導教員が定期的に現任校を訪問し,指導にあたる。学部新卒学生は,前期は定期的に学校・学級に参加し,9月~10月は2週間にわたり東紀州実習を行い,後期後半はさらに定期的に学校・学級に参画して課題の解決をはかる。
学習の目的 現職教員学生:自身の研修課題を現任校での継続的な実践の中で検証することを通じて,課題の解決を図ることができる。
学部新卒学生:自身の連携協力校における研修課題の解決に貢献することができる。東紀州実習においては,南部地域の課題解決に参加することを通じて,三重県の教育課題を実態的に把握することができる。
テーマ:「研修テーマに即した具体的な課題の解決と解決過程のリフレクションをしよう」
学習の到達目標 到達目標:実習を通して,自らの研修テーマの課題解決について実効性のある仮説を立て,現任校や連携協力校における継続的な実践の中で仮説を検証し,考察を深めることができる。また,課題解決プロセスの文章化を通じたリフレクション(省察)を行うことで,表現能力や課題解決能力を高めるとともに,考察した結果を理論的な探究や先行研究の知見とあわせて,最終成果報告書にまとめることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴

教科書 秋田喜代美・佐藤学編『新しい時代の教職入門(改訂版)』有斐閣2015年。
参考書 他の教職大学院の実習成果の報告書等。
成績評価方法と基準 実習については自己評価が基本。自己評価に対して適正に評価されているかを評価する。
オフィスアワー
受講要件 課題発見・解決実習Ⅰ
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード アクションリサーチ  参加観察  メンター メンタリング
Key Word(s) action research, participate observation, mentor,
mentoring
学習内容 授業計画(現職教員学生)
1.オリエンテーション
2.実習計画の策定
3.現任校との打ち合わせ
4.現任校における実習の日程や指導の日程の決定
5,長期実習(4月~2月)
6.実習のリフレクションとまとめ
授業計画(学部新卒学生)
1.オリエンテーション
2.実習の計画
3.実習校との打ち合わせ(ここまで4月)
4.4月~2月まで継続的なかかわり
5.実習リフレクションとまとめ
事前・事後学修の内容
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University