三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 医学部医学科 ・臨床実習
救急医学
受講対象学生 学部(学士課程) : 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 必修
授業科目名 救急医学
きゅうきゅういがく
Emergency Medicine
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

スケジュール表による

クリニカルクラークシップ概要に記載される救急医学の各習慣スケジュールと臨床実習表に記載の年間スケジュールを参照する。

開講時間 月曜日 1, 2, 3, 4時限; 火曜日 1, 2, 3, 4時限; 水曜日 1, 2, 3, 4時限; 木曜日 1, 2, 3, 4時限; 金曜日 1, 2, 3, 4時限
実習科での業務スケジュールにより変更される場合がある
開講場所 三重大学医学部付属病院 救命救急センター・総合集中治療センター、その他

担当教員 ○今井寛(医学部)、武田多一(医学部)

○IMAI, Hiroshi、TAKEDA, Taichi

学習の目的と方法

授業の概要 ・肝胆膵・移植外科領域の疾患の経験を中心に、チーム医療の一員として、肝胆膵外科領域疾患の病態を解釈し、問題解決のための学習方法と英語でのプレゼンテーション能力を身につけ、回診や手術への参加を通じて、外科領域における診療態度や技能の修得を目的とする診療参加型臨床実習(実習期間2週間)である。
・消化管小児外科(2週間)、心臓血管外科・呼吸器外科(2週間)、乳腺外科(形成外科を含む)(2週間)の実習合格をもって、臨床科目:外科学・胸部外科学の単位を認定する。
学習の目的 救急患者や重症患者に対応できる様になる為に、救急診療や集中治療診療の臨床現場に入り、救急初期対応・全身観察・生命維持についての知識・技能・態度を身に付ける。
学習の到達目標 医学教育モデル・コア・カリキュラムに定められる以下の項目が救急医学実習において特に考慮すべき学習到達目標となる。
E-5, E-9, F-1-5), &), 37), F-2-12), F-3-6)-(4), G-2-5), 6), 37), G-3-4), G-4-1)-(7),
また、医師、医療者が身につけるべき態度・習慣・医療保険制度に関わる内容について目を通しておくことが望ましい。
B-1-8), C-3-1), C-5, D-1-4)-(1), (3), (9), D-6-1), D-6-3)-(2), D-7-4)-(3)-2, 7, 12, D-7-4-(7), D-8-2), D-8-3, D-8-4)-(1) 1, 6, E-8, E-9, F-1)-14), F-2-16)

救急医療の学習の目的を達成することを念頭に、実習期間中に到達すべき目標として次に記載された項目がある。
・地域の救急医療システムの使い方を説明する。
・救急隊員・救急救命士と地域の救急医療の問題を話し合う。
・病院前救急の現場を見学し、救急患者になされた対応を説明する。
・近医の救急の現場を見学し、救急患者になされた対応を説明する。
・三重大学医学部附属病院の救急時間外診療のシステムを説明する。
・救急診療・集中治療に必要な施設・備品・物品・薬品を列挙する。
・BLS/ACLS、外傷対応法をデモンストレーションする。
・救急患者・集中治療患者の診療に参加する。
・それぞれの患者を診療し、病態・問題点・解決法を全人的に説明する。
・それぞれの患者に対する診察・救急処置・全身治療を手伝う。
・救急医療に熱意のある態度を示す。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 標準救急医学、監修: 日本救急医学会、医学書院
参考書 救急蘇生法の指針-医療従事者用、監修: 日本救急医療財団心肺蘇生法委員会、へるす出版
外傷初期診療ガイドライン、監修: 日本外傷学会・日本救急医学会、へるす出版
成績評価方法と基準 口頭試問50%、レポート50%、計100% (合計60%以上で合格)
オフィスアワー PHS 7774 または、救命救急センター1階秘書を通じて連絡。
受講要件 4年次に実施される、CATO (医療系大学間共用試験実施評価機構)によるCBT (Computor based test)、OSCE (客観的臨床能力試験)に合格していること。
予め履修が望ましい科目 医学科1年次から4年次までに履修、合格が求められている全科目。
発展科目
授業改善への工夫 総括試験に臨床能力評価を30年度より組み入れる予定。
その他 公開されている実習予定表等で事前学習することが望ましい。また、前の実習班より患者の引き継ぎを受けておくことが望ましい。

授業計画

キーワード 救急医療、病院前救急、集中治療、心沛蘇生法、ショック、敗血症、多臓器不全、外傷、熱傷、中毒、熱中症、低体温、災害医療
Key Word(s) Emergency Medicine, Prehospital Emergency Care, Critical Care, Cardiopulmonary resuscitaiton, Shock, Sepsis, Multiple organ failure, Trauma, Burn, Intoxication, Heat Stress Disease, Hypothermia, Disaster Medicine,
学習内容 診療参加型臨床実習

1週目
月 附属病院2階ICU、8:30 申し送り参加、附属病院救急患者診療、16:30 申し送り参加
火 附属病院2階ICU、8:30 申し送り参加、附属病院救急患者診療、16:30 申し送り参加
水 附属病院2階ICU、8:30 申し送り参加、附属病院救急患者診療、16:30 申し送り参加
木 実習協力病院救急外来見学実習
金 実習協力病院救急外来見学実習

2週目
月 救急車同乗実習 (午後から夜まで)
火 救急車同乗実習 (午後から夜まで)
水 附属病院2階ICU、8:30 申し送り参加、附属病院救急患者診療、16:30 申し送り参加
木 附属病院2階ICU、8:30 申し送り参加、附属病院救急患者診療、16:30 申し送り参加
金 附属病院2階ICU、8:30 申し送り参加、附属病院救急患者診療、 ディスカッション

詳細は臨床実習の手引きを参照
事前・事後学修の内容 事前学習: 医学教育モデル・コア・カリキュラムの該当する到達目標について事前に参照し、理解の不足しているところについては参考図書などで学習しておくこと。
事後学習: 医学教育モデル・コア・カリキュラムの該当する到達目標のうち理解が不十分な項目や実習で経験した症例についてアウトカムや課題を整理し、教科書や文献、PubMedなどEBMに基づいた復習により問題解決レベルの知識を統合定着させる。
ナンバリングコード(試行)

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University