三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 ドイツの言語 A
どいつのげんご A
German Language A
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 ドイツの言語 A
どいつのげんご A
German Language A
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HU-EURO2

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

前期

開講時間 水曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 大喜 祐太

DAIGI Yuta

学修の目的と方法

授業の概要 この授業では,言語学およびドイツ語学の基礎知識を学ぶことです。履修者は,特に意味論・語用論の基本的な考え方と用語を理解しましょう。
学修の目的 この授業の目的は,現代社会において「ことばとは何か」を考えることです。特に,言語学(およびそれに関連する学問分野)の基本的な考えを理解しながら,実際の言語使用をどのように分析するのかを見ていきます。
学修の到達目標 英語やドイツ語,日本語などの用例を使って,実際の言語を分析できる。言語学・ドイツ語学に関する自身の問題意識を説明することができる。比較的専門性の高い外国語(ドイツ語や英語)の文献を理解することができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
 自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  •  表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  • ○実践外国語力
生きる力
  •  問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 発表:50%, 予習を含む授業態度など:50%
授業の方法 講義 実習

授業の特徴

PBL

特色ある教育

グループ学習の要素を加えた授業

英語を用いた教育

授業改善の工夫
教科書 ハンドアウトや参考資料を毎回授業時に配布・紹介します。
参考書 ハンドアウトや参考資料を毎回授業時に配布・紹介します。
オフィスアワー 毎週木曜日:12:00-13:00, 場所:大喜研究室
受講要件
予め履修が望ましい科目 「異文化理解」などの授業でドイツ語の基礎を学んでおくのが望ましいです。
発展科目 「ドイツの言語B」「ドイツ語学演習」
その他 参考書やインターネットサイトなどを適宜授業時に紹介します。

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 言語学,語用論,意味論,社会言語学,ドイツ語,英語
Key Word(s) linguistics, pragmatics, semantics, sociolinguistics, German, English
学修内容 この授業では,日本語,ドイツ語,英語などの例を通じて,現代社会において「ことばとは何か」ということについて考える。テーマは以下のようなものである。各テーマ毎に1〜2回の授業をあてる。各授業で,テーマに関わる短い外国語のテキストを読む(和訳する)場合がある。

1. グライスの「協調の格率」
2. 言わないことによって言うこと:"eat the flog"
3. 迂言法:「マイルドセブンからメビウスへ」
4. 文字・タイポグラフィ「風信帖:空海の手紙」
5. 借用語・外来語
6. 多言語国家:スイス
7. 多言語社会・多文化社会:映画 “Discipline”
など
(受講者の人数・関心対象に応じて,授業の進め方を調整する。)
事前・事後学修の内容 予習:グループに分かれて,資料集め・発表準備などを行ったり,文献の和訳を担当してもらう場合があります。なお,(和訳するための)英語やドイツ語の基礎知識があることが望ましいですが,必須ではありません。

Copyright (c) Mie University