三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2019 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 中国の言語B
ちゅうごくのげんごB
Chinese Linguistics B
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 中国の言語B
ちゅうごくのげんごB
Chinese Linguistics B
単位数 2 単位
ナンバリングコード
HU-ASOC2

ナンバリングコード一覧表はこちら

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。

開放科目 非開放科目    
開講学期

後期

開講時間 水曜日 1, 2時限
開講場所

担当教員 濱田武志(人文学部文化学科)

HAMADA, Takeshi

学修の目的と方法

授業の概要 「中国語」と呼称される言語集団は、その内部に多種多様の変種を含む。中国大陸は地理的広がりが大きく、言語のみならず、言語文化も各地で一様でない。
この授業では、華南(広東・広西)の主要言語である「粤語」(えつご。いわゆる広東語)を、語学として学習すると同時に、粤語の言語文化を概観する。
学修の目的 粤語を外国語として学ぶ。
粤語を背景とした華南の言語文化について学ぶ。
学修の到達目標 広州や香港のあたりの粤語(広東語)について、入門レベルの語学力を身につける。
華南で用いられる言語や文字について総合的な知識を身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
 人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている。
 変動激しい現代社会について、専門的知識に基づいて論理的に考え、総合的に判断できる。
 人文科学諸分野の成果に基づき、世界各地域の固有の文化に関して、広い視野から探求できる。
 変動激しい現代社会に対する理解を基盤として、国際感覚に基づいて行動できる。
 自ら学んだ知を、口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる。
 国際社会と地域社会の発展に貢献できる。

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○主体性
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的・批判的思考力
コミュニケーション力
  •  表現力(発表・討論・対話)
  •  リーダーシップ・フォロワーシップ
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○問題発見解決力
  •  心身・健康に対する意識
  •  社会人としての態度・倫理観

成績評価方法と基準 授業参加および小テスト(30%)、期末試験またはレポート(70%)
授業の方法 講義 実技

授業の特徴

PBL

特色ある教育

英語を用いた教育

授業改善の工夫 音声教材を使いつつ、十分な練習時間を毎回確保する。
教科書 吉川雅之『香港粤語 基礎会話』白帝社.
参考書 必要に応じて授業中に紹介する。
オフィスアワー 月~金の授業・会議時間以外。要事前連絡。
受講要件
予め履修が望ましい科目 異文化理解Ⅰ(中国語)
中国語(標準語)の未修者でも履修を歓迎する。
発展科目 中国語学演習A、中国語学演習B、そのほかの「中国の言語」
その他 履修者の属性にしたがって、注意事項を記す。
・粤語を話さない中華圏出身者:
 特に北方地域出身の者は、発音の習得にあたって多大な困難に直面する可能性がある。
 「新たに一つの外国語を学ぶ」という気持ちで授業に臨むことを期待する。
・粤語を母語や第二言語とする中華圏出身者、ならびに、粤語圏からの「帰国子女」に相当する者:
 受講希望者は、事前に教員と相談すること。

授業計画

MoodleのコースURL
キーワード 中国語学、漢語系諸語、粤語(広東語)、漢字、東アジアの諸言語
Key Word(s) Chinese linguistics, Sinitic languages, Yue language (Cantgonese), Chinese characters in Canton, East Asian languages
学修内容 ① イントロダクション
②~⑤ 広東語の発音/粤語、粤語の言語・文字文化の概説
⑥~⑭ 第1課~第9課
⑮ まとめ
⑯ 定期試験
事前・事後学修の内容 教科書の音声教材を活用して、発音練習を入念にしておくことを強く推奨する。

Copyright (c) Mie University