三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・国際理解・現代社会理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択
授業科目名 PBL社会学(国際・現代)
ぴーびーえるしゃかいがく
PBL Sociology
授業テーマ メディアとジェンダー
単位数 2 単位
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 林原 玲洋(教養教育機構)

HAYASIBARA, Akihiro

学習の目的と方法

授業の概要 メディアにおいて描かれる女性像/男性像は,時代によって変化しています.たとえば,『白雪姫』(1937年)や『シンデレラ』(1950年)といった,かつてのディズニー作品では,王子(男性)の愛がプリンセス(女性)を救うという筋書きが典型でした.一方,大ヒットした『アナと雪の女王』(2013年)における「真実の愛」は,アナ(女性)のエルサ(女性)に対する姉妹愛として描かれました(王子がどのように描かれているかは……ぜひ映画をご覧ください).

この授業では,メディアにおける女性像/男性像を,グループで分担して分析し,その結果を比較します.分析するメディアは,普段みなさんが親しんでいる身近なものから選んでかまいません.『アナと雪の女王』のようなフィクション(小説・映画・ドラマ・マンガ・アニメ・ゲーム)だけではなく,新聞・雑誌の記事,音楽の歌詞やMV,広告・宣伝(CMやポスター),さらには化粧やファッションも含まれますので,できるだけ面白い糸口を見つけ,授業を楽しんでください.
学習の目的 【1】メディアにおける女性像/男性像について,社会学的な仮説を立てられるようになること

メディアにおける女性像/男性像の変化については,大きく分けて2つの仮説を立てることができます.1つは,社会において理想とされる女性像/男性像(社会規範)が変化したからという仮説.いま1つは,送り手の目的(伝えたいメッセージやストーリー展開の都合など)にとっては,そのような描き方が最適だったからという仮説です.一般に,前者のような立場を「方法論的全体主義」,後者のような立場を「方法論的個人主義」と呼びますが,データにもとづいて後者を棄却し,前者を採択することが,社会学の基本的な視点になります.この授業では,実際に2種類の仮説を検証することを通じて,社会学の基本的な視点を習得することを目指します.

【2】問い・答え・理由の提示にあたってどのような情報が必要かを整理し,実際に収集できるようになること

この授業で実践する研究の手順は,およそ社会科学的な研究であれば,学部・学科の区別を問わず,ある程度共通するものです.つまり,(1)比較(共通点と相違点の記述)を通じて問いを立て,(2)その学問分野の基本的な視点にもとづく仮説(主導仮説)を立てたうえで,(3)データを収集・分析して,その仮説と両立しない仮説(対抗仮説)を棄却する,という三段階の手順は,様々な学問分野で繰り返される定跡になっています.この授業では,(1)~(3)の手順にそれぞれ4週間を充てることで,学術研究の基本的な手順を習得することを目指します.

【3】研究成果を魅力的にプレゼンテーションできるようになること

話の内容にどれほど価値があっても,聴衆の関心を引かなければ聞いてもらうことができません.身近なトピックから説き起こして,分かりやすく研究成果を伝えるスキルは,文系/理系の区別を問わず,今後みなさんの大学生活や社会生活にとって必要になってくるでしょう.この授業では,4週間に一回ずつ授業内で発表する機会を設け,互いにその出来を評価(ピアレビュー)することで,魅力的なプレゼンテーションの要点をつかむことを目指します.
学習の到達目標 ジェンダーに関する諸概念を,身近なメディアを例にとって説明できるようになることを,学習の到達目標とします.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 PBL Moodle

教科書 教科書は指定しません.適宜プリントを配付します.
参考書 青野篤子編,2016,『アクティブラーニングで学ぶジェンダー——現代を生きるための12の実践』ミネルヴァ書房.
小林淳一・木村邦博編著,1991,『考える社会学』ミネルヴァ書房.
成績評価方法と基準 個人課題50%,グループ発表50%,計100%(合計が60%以上で合格).個人課題については,「事前・事後学修の内容」を参照してください.
※期末試験,期末レポート,および,授業外のグループ活動はありません.
オフィスアワー 【時間帯】毎週金曜15:00~16:00
【場所】教養教育校舎1号館2階213
※上記以外の時間帯に訪問を希望する場合は,メールで問い合わせてください.
受講要件 特にありませんが,受講を予定している場合は,初回の授業に必ず出席してください.
予め履修が望ましい科目 特にありません.
発展科目 特にありません.
授業改善への工夫 授業改善のための提案は随時受け付けます.
その他 授業には毎回ノートパソコンを持参してください.

授業計画

キーワード ジェンダー,メディア,方法論的全体主義/個人主義
Key Word(s) gender, media, methodological holism/individualism
学習内容 【導入】ガイダンス

【第1回】メディアとジェンダー:授業の目標を理解する

【第1ラウンド】問いを立てる:メディアにおける女性像/男性像

【第2回】ブレインストーミング:比較するメディアを選択する
【第3回】データセッション:ジェンダー役割を記述する
【第4回】グループ発表準備:スライド資料を作成する
【第5回】グループ発表とピアレビュー:問いの意義を評価する

【第2ラウンド】問いに答える:ジェンダー平等と社会規範

【第6回】ブレインストーミング:主導仮説から予想を導く
【第7回】データセッション:予想を例証する
【第8回】グループ発表準備:スライド資料を作成する
【第9回】グループ発表とピアレビュー:答えのインパクトを評価する

【第3ラウンド】答えを理由づける:方法論的全体主義 vs. 方法論的個人主義

【第10回】プレインストーミング:対抗仮説から予想を導く
【第11回】データセッション:予想を反証する
【第12回】グループ発表準備:スライド資料を作成する
【第13回】グループ発表とピアレビュー:理由の説得性を評価する

【総括】研究成果を発表する

【第14回】公開発表準備:問い・答え・理由を統合する
【第15回】公開発表会:さらに問いを発想する
事前・事後学修の内容 【予習】参考資料を読むか,必要なデータを収集し,数枚のスライドにその概要をまとめる.
【復習】当該ラウンドを通じて学んだことを,Moodleの「ふり返りフォーム」に入力する.
※これらは,いずれも個人課題です.授業外にグループで集まって課題に取り組むことは想定していません.
ナンバリングコード(試行) LISOCI1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University