三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 地域イノベーション学研究科(博士前期課程)
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修 選択
授業科目名 社会連携実践
しゃかいれんけいじっせん
Practical Social Cooperation
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

開講時間
開講場所

担当教員 矢野竹男,西村訓弘,狩野幹人,加藤貴也,八神寿徳

YANO, Takeo,NISHIMURA, Norihiro,KANOH, Mikihito,KATO, Takaya,YAGAMI, Hisanori

学習の目的と方法

授業の概要 本授業は、社会イノベーションユニットの社会人学生を対象とする。「特別研究」を履修していくための事前段階の一つとして、社会人学生自身が所属する企業や自治体等の組織において、「企業や自治体等が活動をより活性化させたり、今抱えている課題解決のために改善活動を実施している」場面に参画し、課題解決に取り組むことを目的とする。実地研修前には、学生が企業・自治体等と研修テーマを選定し、研修終了後には、研修内容をレポートとしてまとめて提出し、「インターンシップ事後報告会」で研修で得た知見や経験(とくにテーマへの取り組み)を発表し、討論する。
本授業に参加する学生は、事前講習として、6月頃開催する「インターンシップ事前説明会」で研修目的と企業の現状について説明を受けた後、企業・自治体等担当者並びに担当教員と協議し、研修計画書作成など各種書類を合わせて提出する。
学習の目的 実務を通じて「企業・自治体等が成長するための課題の解決法」を考える力を養成する。
学習の到達目標 「企業・自治体等が成長するための課題の解決法」について考察するための基礎力を身に付ける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 PBL Moodle

教科書
参考書 授業において参考書を紹介する。
成績評価方法と基準 インターンシップ事前説明会に参加し、企業・自治体等で3~4週間程度の研修を受ける。研修後には、研修レポートを提出し「インターンシップ研修事後報告会」に参加する。これらの結果を基に、担当教員が評価する。
オフィスアワー メールもしくは電話で訪問時間について各授業担当教員に連絡を取り、面談を行う。
受講要件 インターンシップ事前説明会に参加する。学生教育研究傷害保険、付帯賠償責任保険、インターンシップ保険に加入する。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 学外研修
Key Word(s) Externship
学習内容 (事前講習)
6月頃に開催する「インターンシップ事前説明会」において研修目的の説明を受けた後、企業・自治体等担当者並びに担当教員と協議し、研修テーマを選定する。研修計画書作成など各種書類を合わせて作成し、提出する。
(企業・自治体等研修)
企業・自治体等における研修は、8月~9月頃の3~4週間の実務を通じて実施する。
(事後講習)
企業・自治体等での研修終了後には、研修を通じた考察レポートを提出するとともに、「インターンシップ研修事後報告会」において各学生が研修で得た内容をもとに「企業・自治体等が成長するために課題の解決法」について討論を行う。
学習課題(予習・復習) ○研修を始める前に、インターンシップ研修を受ける企業・自治体等が置かれている業界の現状分析を行う。
○企業が成長するための課題とそれを解決するための対策について考察する。
ナンバリングコード(試行) PRAC

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University