三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 資源循環学科・全教育コース
学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 選択
選択科目
授業科目名 植物成分化学実験
しょくぶつせいぶんかがくじっけん
Laboratory Course in Plant Materials
単位数 1 単位
受講対象学生 共生環境学科・全講座
平成26年度(2014年度)までの入学者カリキュラム名称
選択・必修 選択
選択科目
授業科目名 植物成分化学実験
しょくぶつせいぶんかがくじっけん
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 5, 6, 7, 8, 9, 10時限
開講場所 生物資源棟2階233号室,化学第5実験室

担当教員 ○野中 寛(生物資源学部)

○NONAKA,Hiroshi

学習の目的と方法

授業の概要 木材を構成する繊維やリグニンを分離するための原理,各種技術を実験を通して指導する。
学習の目的 木材を構成する繊維やリグニンを分離するための原理,各種技術を学ぶ。
学習の到達目標 紙の原料としての植物繊維の特性,そのリサイクル利用システム,リグニンの構造と反応性について分子レベルで理解し,森林資源の効果的な持続的循環活用に必要な技術とそのポテンシャルを理解することができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実験

授業の特徴 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 自作テキストを用いる.
参考書 "Handbook For Pulp & Paper Technologists",図解初めて化学の実験をする人のために(西山,オーム社),化学実験操作法・動画資料集(京都大学全学共通教育 基礎化学実験)
成績評価方法と基準 レポート100%
オフィスアワー 随時受け付ける.
受講要件 森林有機化学,植物素材化学,樹木生理化学,植物材料化学,森林資源化学実験 を履修していること.
予め履修が望ましい科目 森林化学,植物素材化学,樹木生理化学,植物材料化学,森林化学実験
発展科目
授業改善への工夫
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)

授業計画

キーワード 森林資源,リグノセルロース,紙・パルプ,リグニン
Key Word(s) Forest, Lignocellulose, Paper, Pulp, Lignin
学習内容 1. 実験概要の説明,溶液の調製
2. アルカリ蒸解1:ソーダ・クラフト蒸解反応
3. アルカリ蒸解2:ソーダ・クラフトリグニンの取得
4. 紙の離解とパルプの叩解
5. ペントサンの定量1:検量線作成
6. ペントサンの定量2:木粉の塩酸処理とフルフラール定量
7. ジオキサンリグニンの抽出1:希酸と有機溶媒を用いた反応
8. ジオキサンリグニンの抽出2:リグニンの取得
9. 薄層クロマトグラフィーによる植物成分分離
10. リグニン定量と糖組成分析1:二段階加水分解反応
11. リグニン定量と糖組成分析2:HPLCによる糖分析
12. 循環型リグニン素材の合成1:相分離系変換反応
13. 循環型リグニン素材の合成2:リグニンの精製
14. リグニンの構造解析
15. 使用実験器具の返納、実験台整理整頓
16. 総括
学習課題(予習・復習) 実験ノートに目的、手順等を記載してくる。実験後、えられた実験結果について、テキストや木材化学関連の書籍を参考にしながら、十分に考察を行い、レポートを執筆する。
ナンバリングコード(試行) BO-FRST-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University