三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・音楽
科目名 声楽(合唱)2
せいがく(がっしょう)2
Voca music(choir)2
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
66‐68 期生
卒業要件の種別 選択
授業科目名 声楽(合唱)2
せいがく(がっしょう)に
Voca music(choir)2
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 3, 4時限
開講場所 音楽棟合唱室

担当教員 弓場徹(教育学部音楽科)

学習の目的と方法

授業の概要 1.デモンストレーションを多く交えた、実践・指導力を養うためのクラスレッスン。
2.学校教育のみならず、一般社会における合唱の意義や貢献についても考察する。
学習の目的 音楽教育の分野で大きな領域を占める合唱の実践・指導力を養う。また、音楽教材を通して、児童・生徒との「音楽を通したコミュニケーション」としての合唱の側面を理解し、児童・生徒の表現意欲を喚起するような合唱指導ができる。
学習の到達目標 音楽教育の分野で大きな領域を占める合唱の実践・指導力を獲得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 「女声合唱のための唱歌メドレー ふるさとの四季」源田俊一郎編曲 カワイ出版

他、学生の能力に合わせた、学校教育の現場に応用可能な曲を適宜用いる。
参考書 受講生のレベルなどに合わせて適宜指示する。
成績評価方法と基準 実技試験、平常の学習態度(出席を含む)等
オフィスアワー 月曜日の昼休み
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 2年生以上が対象
2011年度は開講していません

授業計画

キーワード 合唱の実践と指導
Key Word(s) Teaching vocalization, Teaching singing, Basical vocalization, Falsetto voice, Natural voice, Vocal register shock, Coordination of falsetto and natural voice, The YUBA Method
学習内容 1.ガイダンス、半期の授業全体について
・Conduct(C):予備拍及び2、3、4拍子の指揮法を学ぶ
・Vocalization(V)=基礎発声:裏声と表声(地声)のコンセプトの明確化と発声
・Classification of voice(CoV):声種の定義と声種の評定基準及び声種分け
2.Review hour(R-h):復習(前回のC)
・C:6拍子(イタリア式、ドイツ式)、変拍子:5(2+3、3+2)拍子
・V:YUBAメソッドDVD初級Step3(YM-DVD初Step3)
・CoV:声種分け
3. R-h:前回のC
・C:複合拍子
・V:YM-DVD初Step3
・CoV:声種分け
・カデンツ(終止形)を母音で歌う
4. 基礎発声トレーニング及び楽曲を用いた歌唱と指揮       
5.             同上
6.             同上
7.             同上
8.              同上
9.              同上
10.             同上
11.             同上
12.             同上
13.             同上
14.             同上
  ※同上とあるが、それぞれの回において復習と新たな曲を用いて学ぶ。
15.試験を行う。
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) ED-VOMU-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University