三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学部看護学科 ・地域看護学
受講対象学生 学部(学士課程) : 4年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 統合実習Ⅰ(地域看護学領域)
とうごうじっしゅういち(ちいきかんごがくりょういき)
Clinical Practice in Integrated NursingⅠ(Community Health Nursing)
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期後半

開講時間
開講場所

担当教員 畑下博世(医学部看護学科)、西出りつ子(同)、石本恭子(同)

HATASHITA Hiroyo, NISHIDE Ritsuko, ISHIMOTO Yasuko

学習の目的と方法

授業の概要 地域社会で暮らす支援を必要とする生活者のニーズを把握し、社会資源を有効に活用しながら、健康と生活を支え、QOLを高めていけるように援助する基礎的能力を養う。
学習の目的 1. 地域社会で暮らす在宅療養者とその家族、支援を必要とする特定集団の生活とニーズを理解し、それらの対象に関わる看護職の役割と看護活動のあり方について理解する。
2. 在宅療養者・家族と支援を必要とする特定集団の健康とQOLを高めるために、健康レベルや地域特性を活かした看護支援の具体的方法について理解する。
学習の到達目標 1. 地域社会で暮らす在宅療養者とその家族の生活の実際とニーズ、地域の保健医療福祉と資源について説明できる。
2. 地域社会で暮らす在宅療養者・家族と支援を必要とする特定集団に関わる看護職の役割と看護活動のあり方を説明できる。
3. 在宅療養者・家族と支援を必要とする特定集団の健康とQOLを高める支援のあり方と、健康レベルや地域特性を活かした具体的支援方法について説明できる。
4. 地域社会で暮らす在宅療養者とその家族への看護活動における倫理的配慮について説明できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書
参考書
成績評価方法と基準 実習評価表に沿って、実習内容、実習記録、実習態度をもとに総合的に評価する。
オフィスアワー
受講要件 各領域別実習を単位修得済みであること
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 社会資源、継続看護、QOL
Key Word(s) Social resources, Continuing nursing care, Quality of life
学習内容 1. 指導教員の助言のもと事前に実習テーマを決定し、既存資料を収集・分析する。
2. まちの地域特性、在宅療養者と家族の生活の実際とニーズ、地域の保健医療福祉の現状、地域の資源について情報収集する。
 1)地区視診
 2)保健事業への参加
 3)担当課のもつ資料
 4)住民・専門職などへの聞き取り
3. 特定地区の地域特性と住民に関する情報をまとめ(コミュニティーパートナーズモデル・地図)、それらの分析から特定地区の健康問題を抽出する。
4. 健康問題解決に向けた対策の方向性と全体像を考える。
5. とらえた地域特性、抽出した健康問題、検討した対策の方向性と全体像についてまとめ、実習テーマに関する考えとともに統合実習Ⅰ最終カンファレンスにおいて資料を用いて説明する。
6. 保健師と教員の指導を得て、統合実習Ⅱに向けた実習課題と具体的な実習計画を考える。
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) MD-NOTH-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University