三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学部看護学科
受講対象学生 学部(学士課程) : 4年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 統合実習Ⅰ(老年看護学領域)
とうごうじっしゅういち(ろうねんかんごがくりょういき)
Clinical Practice in Integrated NursingⅠ(Gerontological Nursing)
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期後半

開講時間
開講場所

担当教員 磯和勅子(医学部看護学科),平松万由子(医学部看護学科)、北川亜希子(医学部看護学科)、服部由佳(医学部看護学科)

ISOWA,Tokiko HIRAMATSU,Mayuko KITAGAWA,Akiko HATTORI,Yuka

学習の目的と方法

授業の概要 地域社会で暮らす支援を必要とする生活者のニーズを把握し、社会資源を有効に活用しながら、健康と生活を支え、QOLを高めていけるように援助する基礎的能力を養う
学習の目的 加齢による健康への影響を踏まえ、様々な健康レベル及び生活環境にある高齢者と家族を対象とし、在宅療養への支援の視点を持って、健康維持・増進、生活の自立、QOL向上、保健・医療・福祉を統合した看護実践ができる能力を養う
学習の到達目標 1.対象の心身・社会的状態及び環境から、健康上・生活上のニーズを総合的にアセスメントできる
2.学習した老年看護学の知識・技術と現実のケア場面を統合し、対象の生活に沿った健康課題を抽出できる
3.対象の健康課題のアセスメントに基づき、在宅療養への支援の視点を持って、高齢者及び家族の主体性を尊重した援助を実践できる
4.実践した看護援助を対象の健康状態及びQOL向上の視点で評価できる
5.自身の選択したテーマについて、看護実践を向上させる方法を科学的に探究することが出来る
6.実習のプロセスにおいては主体的な学習態度で臨み、自らの思考・判断能力を伸ばし活用できる
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 PBL

教科書 系統看護学講座 専門Ⅱ 老年看護学 医学書院
系統看護学講座 専門Ⅱ 老年看護 病態・疾患論 医学書院
参考書 老年看護学概論 「老いを生きる」を支えることとは 南江堂
老年看護学技術 最後までその人らしく生きることを支援する 南江堂
生活機能からみた老年看護過程+病態・生活機能関連図 医学書院
カラー写真で学ぶ 高齢者の看護技術 医歯薬出版株式会社
成績評価方法と基準 実習内容、事前学習、記録、実習態度、ディスカッションへの参加度、テーマレポートおよび発表と出席状況をあわせて1~10段階で総合的に評価する
オフィスアワー 毎週木曜日15:00~16:00
受講要件 1.各領域別実習を履修済みであること
2.臨地実習であり、事故などの危険が伴うので、学生総合共済・学生賠償責任保険、看護学生総合保障制度に加入すること
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 在宅療養者への支援
Key Word(s) Clinical Practice Gerontological Nursing
学習内容 各自が設定した統合実習課題別計画に沿って、統合実習Ⅰの学習目標が達成できるよう、主体的に実習を進めていく
また、老年看護学の講義・演習と老年看護学実習ⅠⅡを通して培った知識と援助技術を統合し、老年期特有の健康課題について自分の興味のあるテーマを選択したうえで、主体的に実習を計画し実践していく

1)適宜ゼミにて実習上の課題・経過を報告し、ディスカッション後、計画の修正を行う
 実習テーマに沿った記録と並行して、原則看護過程の展開を行う
2)テーマレポート作成
3)統合実習ⅠⅡまとめ報告会にむけ、発表の準備を行う
4)適宜実習報告会を行う(学内および実習施設における多職種参加の実習報告会を実施し、学習を深める)
学習課題(予習・復習) 以下の準備を行った上で実習に臨むこと

1)老年期に特有の健康課題に沿った各自のテーマを設定する
2)実習テーマに関連した論文を読み,課題の所在を明らかにする
3)実習テーマに沿った実習計画をたてる
4)実習スケジュールを作成する
5)統合実習課題別計画を作成する
統合実習Ⅰでは、①在宅療養者への支援のあり方、を学習する為の具体的な計画を各学生が作成する
ナンバリングコード(試行) MD-NOTH-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University