三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学部看護学科 ・母子看護学
受講対象学生 学部(学士課程) : 4年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 統合実習Ⅰ(小児看護学領域)
とうごうじっしゅういち(しょうにかんごがくりょういき)
Clinical Practice in Integrated NursingⅠ(Pediatric Nursing)
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
他学部生等受講不可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期後半

開講時間
開講場所

担当教員 ○仁尾かおり(医学系研究科看護学専攻)村端真由美(医学系研究科看護学専攻),大北真弓(医学系研究科看護学専攻)

NIO Kaori, MURABATA Mayumi, OKITA Mayumi

学習の目的と方法

授業の概要 地域社会で暮らす支援を必要とする生活者のニーズを把握し、社会資源を有効に活用しながら、健康と生活を支え、QOLを高めていけるように援助する基礎的能力を養う。
学習の目的 1. 在宅で生活しながら療養している小児の日常生活および成長発達の特徴をふまえて小児および家族のニーズを把握し、看護師の活動および役割、在宅看護の実際と課題について学ぶ。
2. 乳幼児期にある子どもの日常生活や遊びの実際を知り、成長発達段階や個性に応じた保育の実際について学ぶ。
学習の到達目標 1. 在宅で療養する小児とその家族の健康状態および生活環境の実際を理解できる。
1) 訪問を通して関わった小児の成長発達段階の特徴が説明できる。
2) 訪問を通して関わった小児の身体的成長について説明できる。
3) 訪問を通して関わった小児の精神的・社会的発達について説明できる。
4) 訪問を通して関わった小児の障がい・健康問題の特徴が説明できる。
5) 在宅で療養する小児にふさわしい生活環境について説明できる。
2. 在宅で療養する小児とその家族に関わる看護師の活動および役割を理解できる。
1) 在宅で療養する小児とその家族における看護師の役割について説明できる。
2) 訪問を通して関わった小児とその家族に必要な看護について説明できる。
3. 在宅で療養する小児とその家族の健康維持・増進とQOL向上を目指した看護支援のあり方を理解できる。
1) 在宅で療養する小児の成長発達段階や個性に応じた接し方ができる。
2) 在宅における医療的ケアおよび個別の看護技術の具体的な方法や工夫点が説明できる。
3) 在宅で療養する小児と家族における小児科外来看護師の役割について説明できる。
4. 社会資源の活用や多職種との連携の在り方について理解できる。
1) 在宅移行支援および在宅療養中の小児と家族に必要な社会資源について説明できる。
2) チームの一員として、多職種との連携の在り方について説明できる。
5. 在宅で療養する小児とその家族における看護師の倫理的配慮について理解できる。
1) 在宅で療養する小児に対して、子どもの権利を保障した看護について説明できる。
2) 在宅で療養する小児とその家族に対して、倫理的な配慮について説明できる。
6. 乳幼児期の身体的特徴および成長発達段階の特徴が説明できる。
1) 乳幼児期の成長発達段階の特徴が説明できる。
2) 実習したクラスの年代の身体的成長、機能的・心理社会的発達の特徴が説明できる。
7. 乳幼児の日常生活や遊びの実際を知る。
1) 乳幼児の1日の生活の流れや年代にふさわしい遊びの種類や実際が説明できる。
8. 成長発達段階や年齢・性別による違い、個人差に応じた保育の実際を見学し、乳幼児が健全な成長発達を遂げるための保育の役割を考える。
1) 乳幼児の成長発達段階や個性に応じた接し方ができる。
2) 食事、清潔、排泄、睡眠、衣服の世話や遊びへの関わりができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

「感じる力」=25%,「考える力」=25%,「生きる力」=25%,「コミュニケーション力」=25%

授業の方法 実習

授業の特徴 PBL

教科書 編集 松雄宣武 濱中喜代
新体系 看護学全書
小児看護学① 小児看護学概論 小児保健
小児看護学② 健康障害をもつ小児の看護
メヂカルフレンド社
参考書
成績評価方法と基準 1. 出席状況(2/3以上の出席があること、無断欠席・無断遅刻・無断早退がないこと)、実習内容および実習記録によって総合的に評価する。
2. 出席日数が2/3に満たない場合は、原則として評価を受けることができない。
3. 評価は10点満点(評価表100点)とし、6点(評価表60点)以上を合格とする。
オフィスアワー 特に定めませんので、事前にアポイントをとって、お越しください。
受講要件 各領域別実習を履修済みであること
予め履修が望ましい科目 それまでに開講しているすべての必修科目
発展科目
授業改善への工夫 適宜、実習場面で関わり助言する。また、個人面談をしながら、個人的な実習課題についても相談・指導する。
その他 欠席・無断遅刻・無断早退をしないこと。積極的で意欲的な実習態度で参加することを期待する。

授業計画

キーワード 臨地実習,小児看護
Key Word(s) Nursing practice, Child health nursing
学習内容 実習内容
1. 保育所実習では、以下の通り実習を行う。
1) 学生ひとりが0~5歳児の1クラスを担当する。
2) 乳幼児の日常生活(遊び、食事、清潔、排泄、睡眠、衣服等)の世話に参加する。
2. 在宅看護実習では、以下の通り実習を行う。
1) 学生ひとりが1回程度、看護師に同行し、在宅で療養している患児を訪問する。
2) 看護師が行う医療的ケアを通して、在宅における個別の看護技術の具体的な方法、工夫点について学ぶ。
3) 在宅移行支援のためのカンファレンス、多職種連携カンファレンスに参加する。
4) 在宅療養中の小児が受診する小児科外来で多職種との連携や小児と家族に必要な看護について学ぶ。
3. 統合実習Ⅰのまとめとして、カンファレンスを実施する。

授業計画
1. 統合実習Ⅰは、保育所実習と在宅看護実習を行う。
1) 実習場所:保育所実習;津市立栗真保育園・津市立立誠保育園
        在宅看護実習;三重大学医学部附属病院
                 小児トータルケアセンター
2) 実習期間:保育所実習;平成29年6月26日、27日(予定)
       在宅看護実習;平成29年6月28日~7月7日(予定)
学習課題(予習・復習) 事前学習は、以下のものについて課題学習する。提出期日は事前に指定する。

Ⅰ 小児の成長・発達の標準的内容
Ⅱ 小児の食と栄養(管理)
Ⅲ 機能低下、機能障害の看護
1.体温
2.呼吸機能
3.循環
4.運動機能
5.言語機能
6.摂食・嚥下機能
Ⅳ 子どもの倫理原則と在宅で療養する子どもと家族への看護師の倫理的配慮
Ⅴ 在宅で療養する子どもと家族の社会資源
Ⅵ 小児科外来看護師の役割(視点・連携も含めて)
ナンバリングコード(試行) MD-NOTH-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University