三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学研究科(博士前期課程)分子素材工学専攻
領域
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 2年次
選択・必修
授業科目名 分子素材工学特別研究Ⅲ・Ⅳ
ぶんしそざいこうがくとくべつけんきゅう さん・よん
Thesis Research in Chemistry for Materials III・IV
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

分子素材工学特別研究Ⅲ:前期開講
分子素材工学特別研究Ⅳ:後期開講

開講時間
開講場所

担当教員 全教員(工学研究科分子素材工学専攻)

学習の目的と方法

授業の概要 各研究分野の専任教員の指導の下、分子素材工学における最先端の研究を行い、修士学位論文としてまとめる。
学習の目的 深い専門知識を蓄え、専門分野の研究目標を達成できる。さらに、国際的な研究課題の解決に貢献できる想像力豊かな研究者や専門的な技術者として活躍できる。
学習の到達目標 最新の専門知識と技術を修得し、自ら専門分野に関する研究・開発の計画を立てて実施できる。さらに、実験結果を専門知識に基づいて解析と考察を行い、論文にまとめることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実験

授業の特徴

教科書
参考書
成績評価方法と基準 研究実施態度、修士論文発表、修士論文に基づいて評価する。
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 英語対応授業である。

授業計画

キーワード 高分子設計化学、有機精密化学、有機機能化学、計算化学、エネルギー変換化学、レーザー光化学、分析環境化学、分子生物工学、有機素材化学、無機素材化学、生体材料化学
Key Word(s) Polymer Synthetic Chemistry, Fine Organic Synthesis, Organic Chemistry for Materials, Computational Chemistry, Energy Conversion Chemistry, Laser Photochemistry, Analytical and Environmental Chemistry, Molecular Bioengineering, Organic Materials Science, Inorganic Materials Science, Biomaterial Science
学習内容 研究室において、専門分野に関する研究を行う。
Ⅰ.高分子設計化学:新規モノマー及び新規ポリマーの合成、新構造高分子、高機能性高分子材料の開発
Ⅱ.有機精密化学:ファインケミカルズを指向する新しい高選択的有機合成プロセスの開発とその応用
Ⅲ.有機機能化学:構造有機化学、有機光化学反応、反応中間体、有機磁性体、感光材料の開発
Ⅳ.計算化学:化学反応の理論的研究
Ⅴ.エネルギー変換化学:応用電気化学、固体化学、エネルギー変換化学及び無機機能材料の開発
Ⅵ.レーザー光化学:カーボンナノ物質の合成、分子とクラスターの電子構造と反応
Ⅶ.分析環境化学:機器分析化学、分離分析化学、クロマトグラフィーの理論とその応用及び環境化学
Ⅷ.分子生物工学:膜工学、細胞工学、遺伝子工学、抗体工学に基づく機能性タンパク質及び生体システム創成技術の開発
Ⅸ.有機素材化学:ソフトマテリアルの構造と物性、ナノアーキテクトニクス
Ⅹ.無機素材化学:触媒、多孔質、結晶質並びにガラス質無機材料の製造、構造と物性、機能材料の開発
Ⅺ.生体材料化学:生体由来物質である蛋白、多糖、脂質の構造と機能の解明及び医療用生体適合性高機能材料の開発
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) EN-OTCH-5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University