三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教職に関する科目
科目名 教職入門
きょうしょくにゅうもん
Introduction to Teaching Profession
受講対象学生 教育学部

学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次
66-69 期生
卒業要件の種別 必修
授業科目名 教職入門
きょうしょくにゅうもん
Introduction to Teaching Profession
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 守山 紗弥加(地域人材教育開発機構)

MORIYAMA,Sayaka

学習の目的と方法

授業の概要 学校教育をめぐる様々な状況や事柄をふまえ、教職の意義や課題について実践的に探究する。
多様な視点との出会いや学び合いを通して自身の教職イメージを捉え直し、教職に関して自分なりの問いや見解を持つ。
学習の目的 ・教職に関する様々な事象や考え方を知り、多様な視点や立場から、教職という仕事を理解する。
・教職を目指す上での自身の課題を明確化するとともに、希望を持って学び続ける姿勢を育む。
学習の到達目標 ・教職に関する様々な考えや捉え方を知り、多様な視点や立場から、教職や教育の世界を捉えることができる。
・自分の教職観を捉え直すとともに、教職に関して自分なりの問いを持ち、考察する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 PBL 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 指定していません。
参考書 適宜紹介します。
成績評価方法と基準 授業での取り組み40%、授業内・外での課題30%、最終レポート30%(いずれも必須)により総合評価
オフィスアワー 火曜5・6限
場所:総合研究棟Ⅱ3階 312
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 教師の専門性、教職観
Key Word(s) teaching profession,"view"
学習内容 第1回 オリエンテーション〈プロローグ〉:授業の概要説明と受講に際しての意思確認
第2回 教職イメージ
第3回 教師という仕事
第4回 教師の専門性(1)
第5回 教師の専門性(2):教育の現代的課題と教師
第6回 教師の学び・育ち-特質、研修-
第7回 教師のライフステージ
第8回 「なぜ勉強するの?」
第9回 「学校とはどのような場所か?」:学校で学ぶこと、過ごすこと
第10回 「こども」と「おとな」:「こども」とはどのような存在か?
第11回 「あそび」と「まなび」:「あそび」と「まなび」はどのような関係にあるか? 
第12回 教職に活かせるワークショップ
第13回 教育実践の事例検討
第14回 事例検討発表
第15回 リフレクション〈エピローグ〉
学習課題(予習・復習) ・授業内容の復習や発展的学習を行った上で授業に臨んでください。
・必要に応じて、適宜予習課題を出す場合があります。
・授業空間をつくる大事なひとりであることを自覚し、それぞれの主体的な関わり方を意識した参加を期待します。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University