三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 日本語コミュニケーションB
にほんごこみゅにけーしょんB
Japanese Communication B
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 早野香代(人文学部)

HAYANO, Kayo

学習の目的と方法

授業の概要 日本語コミュニケーションにおける敬語表現の、体系・諸相・実践を留学生と日本人学生が協働で学び、日本語コミュニケーションにおける丁寧さの原理や敬語表現の働きについて考える。授業では、ペア・ワークやグループワーク、ディスカッションなど多様な活動を行う。
学習の目的 日本語の敬語表現とその背景にある心理や文化を留学生と日本人学生の協働で学び、日本語運用能力を高めるとともに、日本の社会・文化における知識を広げ、異文化間の相互理解を深める。
学習の到達目標 学習・研究活動を行うための日本語能力や社会生活に必要なコミュニケーション能力を身につけるとともに、異文化間での気づきや問題を発見し、理解または解決できるようにする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 [テキスト]蒲谷宏編著『敬語コミュニケーション』朝倉書店
参考書 [参考書]授業で適時紹介。
成績評価方法と基準 授業態度20%、課題・試験80%、計100%(合計60%以上で合格)で評価。
オフィスアワー 基本的に授業時間以外、訪問等は自由。
受講要件 留学生以外も受講対象。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 授業で取り組む活動への支援とフォロー。又、課題の取り組みへの支援とフォロー。
その他

授業計画

キーワード 敬語、待遇表現、日本語表現とコミュニケーション、協働、相互学習
Key Word(s) Honorific, Attitudinal expression, Expression and communication in Japanese, Mutual study
学習内容 日本語のコミュニケーションにおける敬語表現を取り上げ、その体系や場面による諸相、敬語を用いたコミュニケーションの実践を学ぶ。また、現代社会における様々な場面の日本語のコミュニケーションを通して、留学生と日本人学生が協働でコミュニケーションにおける丁寧さを分析し、その原理や課題を探る。

1.敬語コミュニケーションとは
2.敬語の体系
3.敬語の体系
4.敬語の体系
5.敬語化からコミュニケーション化へ
6.敬語化からコミュニケーション化へ
7.丁寧さの原理
8.コミュニケーションの諸相(依頼)
9.コミュニケーションの諸相(誘い)
10.コミュニケーションの諸相(許可)
11.敬語コミュニケーションの実戦
12.敬語コミュニケーションの実戦
13.敬語コミュニケーションの実戦
14.敬語コミュニケーションの実戦
15.まとめ

上記内容で全15回。
但し、受講生の関心や理解度により変更する場合も有。
学習課題(予習・復習) 随時、事前学習課題を提示する。
ナンバリングコード(試行) HU-INTL2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University