三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学研究科(教職大学院)教職実践高度化専攻・共通科目
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修 必修
授業科目名 生徒指導の今日的な課題と実践
せいとしどうのこんにちてきなかだいとじっせん
guidance and counnseling
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 瀬戸健一,田邉正明

Kenichi SETO, Masaaki TANABE

学習の目的と方法

授業の概要  学校種や地域の差異による問題状況を十分に踏まえながら,具体的な指導事例や指導場面を想定する。個別指導においては,「児童生徒理解とは何か」という問いかけを持ち,成長を促す指導,予防的な指導,課題解決的な指導,の各観点から省察し,実践的な指導方法を身につける。集団指導においては,①児童生徒の個性を十分に理解する(脳科学や心理学的なアプローチなど),②集団場面で児童生徒が活躍できる機会をつくる,③児童生徒の自主性を尊重する,など学習する。また,同僚教師との協働のもと,生徒指導体制を推進する中心的な立場になるような力量を身につける。15回の授業すべてにおいて生徒指導に関する事例の検討を行うとともに、授業者と受講生の討論(ディスカッション)の時間を設定する。また第15回目の授業では受講生が省察モデルの発表(プレゼンテーション)を行い,相互に検討する時間を設ける。
学習の目的 成長を促す指導,予防的な指導,課題解決的な指導,などの視点から指導実践を見つめ直してる省察的な生徒指導の実践力量が身につく。
それとともに実践と理論の融合を図る力量が身につく。
学習の到達目標 「生徒指導の今日的な課題」を総合的に理解し,①児童生徒の心理特性・行動特性(規範意識のゆらぎなど),②現代社会の問題点,③教師自身の省察力など,多様な観点(心理学的アプローチ,教師の実践志向性,職員室の文化,組織観,協働性発揮など)から検討できるよう,専門的知見からの探求力を深めていくことができる。
現職教員学生 前述の指導方法を自身の経験から省察し,同僚教師との協働のもと,生徒指導体制を推進する中心的な立場になるような指導力を身につけることができる。
学部新卒学生 「生徒指導とは何か」という根本的な問いかけ(関心)を持ち続けるような探求的かつ実践的態度が必要であり,集団指導や個別指導の両面からさまざまな指導方法を身につけることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL グループ学習の要素を加えた授業 Moodle

教科書 ①生徒指導のための実践テキスト(瀬戸健一、風間書房)、②協働的指導のための実践テキスト(瀬戸健一、風間書房)、③省察力を高める実践テキスト(瀬戸健一、風間書房)
参考書
成績評価方法と基準 生徒指導に対する認識・理解の深まり(30%)
授業への積極的な参加(30%) 
成果物・最終レポート(40%)
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 省察力、実践と理論
Key Word(s) reflection, practice and theory
学習内容 第1回: 不登校問題など学校種ごとの事例検討(インシデントプロセス)(主担当:瀬戸健一)
第2回: 不登校の対応における「児童生徒理解とは何か」という問いかけに「生徒指導に関する用語の多様性」「日本の教育のあり方」などの観点から検討する(1冊目テキスト)
① 生徒指導の役割,用語の理解,マクロレンジ・ミクロレンジ,教育言説の功罪
② 海外との比較,個人主義と集団主義,子どもの実態と社会の現状(主担当:瀬戸健一)
第3回: いじめ問題など学校種ごとの事例検討(インシデントプロセス)(主担当:瀬戸健一)
第4回: いじめ問題に対応するために,成長を促す指導,予防的な指導,課題解決的な指導,の各観点から省察し,実践的な指導方法を身につける(主担当:瀬戸健一)
第5回: 規範意識の低下など学校種ごとの事例検討(インシデントプロセス)(主担当:瀬戸健一)
第6回: 規範意識の低下問題に対応するために,成長を促す指導,予防的な指導,課題解決的な指導,の各観点から省察し,実践的な指導方法を身につける(主担当:瀬戸健一)
第7回:
保護者連携の課題など学校種ごとの事例検討(インシデントプロセス)(主担当:瀬戸健一)
第8回:
保護者連携の課題に対応するために,実践的な連携方法を身につける(主担当:田邉正明)
第9回: キャリア教育の現状と課題など学校種ごとの事例検討(主担当:瀬戸健一)
第10回:
キャリア教育の学校種を超えた充実を図るため,実践的な指導方法を身につける(主担当:瀬戸健一)
第11回: 生徒指導体制を構築するため「生徒指導と教師文化」「教師の実践志向性」を検討,討議する(1冊目テキスト)(主担当:瀬戸健一)
① 生徒指導にみる教師文化,同調行動,仲間による評価というピア・プレッシャー
② 教師の実践志向性,思い込みの影響,教師の省察力,高い関心と低い関心
第12回: 「チーム援助」のため「協働性のシナリオ」「自己モニタリングの必要性」を検討,討議する(2冊目テキスト)(主担当:瀬戸健一)
① 実践知の共有,職員室の暗黙の文化
② 指導困難感は多様,指導のシナリオ
第13回: 危機管理のため「フラット組織をどう活かすか」を検討,討議する(2冊目テキスト)(主担当:瀬戸健一)
① 危機管理で見えてくるフラット組織のもろさ,異なる組織観
② フラット組織のリーダーシップ,フラット組織の長所
第14回: 「生徒指導の今日的課題」を個人指導と集団指導の観点から検討,討議する(主担当:田邉正明)
① 教師の児童生徒に対する理解
② 指導の戦略の理論的枠組みを参考にする,児童生徒の主体性と教師の指導性
第15回: 「教師の省察力」を省察モデルとして可視化,各自プレゼンテーションし検討する(主担当:瀬戸健一)
① 「実践知と理論知の融合プロセスの説明」「省察モデルの報告」
② モデルの特徴は何か
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行)

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University