三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学研究科(教職大学院)教職実践高度化専攻・共通科目
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修 必修
授業科目名 現代カリキュラム論
げんだいかりきゅらむろん
Theory on Modern Curriculum
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 ○佐藤 年明, 園部 友里恵

SATOU, Toshiaki
SONOBE, Yurie

学習の目的と方法

授業の概要 戦後日本の学習指導要領の変遷を概観するとともに、学習指導要領において明記されてきた「生きる力」やいわゆる「ゆとり教育」をめぐる概念や言説について紹介し、それらの実現とかかわる理論的・実践的な意義と課題について把握する。
また「総合的な学習の時間」をはじめとして教師自身が教育内容を創造するためのテーマや実践事例について考察を加える。
学習の目的 日本の学習指導要領の初期から現行版までの変遷を時代背景とも関連させて学習し、そこから現代の教育課程に対する示唆を引き出す。さらに学習指導要領への提案の意味も含めて新たな学習テーマ構想を作成すること。
学習の到達目標 現職教員学生は、とりわけ自らの実践史と重なる時期について、マクロ視点(政策動向)とミクロ視点(自らの実践)を意図的に結んで学校カリキュラムの同時代史像を構成することができること。
学部新卒学生は、自らの被教育体験と教育課程変遷史を繋いで同時代史像を構成し、学校カリキュラムの今後の課題を析出することができること。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

「4つの力」、特に「生きる力」は教育目標としてふさわしくないので、これらについては記述しない。

授業の方法

授業の特徴 PBL Moodle

教科書 『よくわかる教育課程』田中耕治編、ミネルヴァ書房、2009年
参考書 適宜指示する。
成績評価方法と基準 教育課程変遷史のケースワーク 40%
「生きる上での課題」に対応するカリキュラム改革提案 40%
最終総括レポート点 20%
オフィスアワー 木曜 3・4コマ
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 地域の特性を生かした学校カリキュラムデザイン論(2018年度開講)
授業改善への工夫 教職大学院開設初年度であるので、受講院生との意思疎通を特に重視する。
その他

授業計画

キーワード 教育課程変遷史を踏まえた教育課程上のトピックの提案
Key Word(s) Some topics on changing process of school curriculum
学習内容 第1回: 教育課程の定義(担当:佐藤年明)

第2回: 学習指導要領と教育課程の変遷(1)1940年代~1950年代初頭:「試案」としての学習指導要領(主担当:佐藤年明)

第3回: 学習指導要領と教育課程の変遷(2)1950年代中盤~後半:法的拘束力の付与(主担当:佐藤年明)

第4回: 学習指導要領と教育課程の変遷(3)1960年代:経験主義カリキュラムから系統主義カリキュラムへ(主担当:佐藤年明)

第5回: 学習指導要領と教育課程の変遷(4)1970年代:過密カリキュラムから「ゆとりと充実」を標榜するカリキュラムへ(主担当:佐藤年明)

第6回: 学習指導要領と教育課程の変遷(5)1980年代:学習指導要領にない「ゆとりの時間」の流行(主担当:佐藤年明)

第7回: 学習指導要領と教育課程の変遷(6)1990年代:生活科の登場/学校五日制の部分実施(主担当:園部友里恵)

第8回: 学習指導要領と教育課程の変遷(7)2000年代:偽概念としての俗称「ゆとり教育」(主担当:佐藤年明)

第9回: 学習指導要領と教育課程の変遷(8)2010年代:「生きる力」論の存続と今後(主担当:佐藤年明)

第10回: 現代の日本人の「生きる上での課題」に応えるカリキュラム改革(1)-テーマ「生と死」についての受講者提案-の検討(主担当:佐藤年明)

第11回: 現代の日本人の「生きる上での課題」に応えるカリキュラム改革(2)-テーマ「性」についての受講者提案-の検討(主担当:園部友里恵)

第12回: 現代の日本人の「生きる上での課題」に応えるカリキュラム改革(3)-テーマ「平和」についての受講者提案-の検討(主担当:園部友里恵)

第13回: 現代の日本人の「生きる上での課題」に応えるカリキュラム改革(4)-テーマ「パフォーマンスとコミュニケーション」についての受講者提案-の検討(主担当:園部友里恵)

第14回: 現代の日本人の「生きる上での課題」に応えるカリキュラム改革(5)-テーマ「原初的レベルの人間生活における共感・連帯・共同行動」についての受講者提案-の検討(主担当:園部友里恵)
※第10~14回は受講生の輪番による報告と検討を行う。

第15回: 講義全体のまとめ(担当:園部友里恵・佐藤年明)

定期試験 (最終総括レポート)
学習課題(予習・復習) 第2~9回はテキストを予習し、自分なりの問題提起を用意して授業に望むこと。
第10~14回のいずれかで各自の問題関心に基づいて研究発表を行なうので、その準備を周到に行なうこと。
ナンバリングコード(試行)

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University