三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・社会
科目名 地理学
ちりがく
Geography
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
-68 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 人文地理学実習
じんぶんちりがくじっしゅう
Methodology of fieldwork in human geography
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 磯野 巧(教育学部)

ISONO Takumi

学習の目的と方法

授業の概要 人文地理学的諸現象の各種調査手法およびデータ分析手法について,具体的な事例をもとにして習得する。
学習の目的 人文地理学的諸現象の特徴とその動態的なプロセスを解明するための基礎的な知識および技術を習得する。
学習の到達目標 人文地理学的諸現象の解明に向けた研究方法として,とくにフィールドワークの調査手法について理解する。具体的には,統計や郷土史といった資料収集の方法,景観観察や土地利用調査,聞き取り調査,アンケート調査の実施方法を習得し,パソコン等を用いた地図や図表の作成およびそれらの分析を遂行するための技術を得る。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 特になし。適宜文献を紹介します。
参考書 『ジオ・パルNEO 地理学・地域調査便利帖』野間春雄・香川貴志・土平 博・河角龍典・小原丈明編(海青社)
『地域調査ことはじめ あるく・みる・かく』梶田 真・仁平尊明・加藤政洋編(ナカニシヤ主出版)
『地球学シリーズ1 地球環境学 地球環境を調査・分析・診断するための30章』 松岡憲知・田中 博・杉田倫明・村山祐司・手塚 章・恩田裕一編(古今書院)
成績評価方法と基準 提出物100%
オフィスアワー 木曜日5・6時限(13:00~14:30)
※訪問の際は,事前にメールにてご連絡ください。
受講要件 地理学概論を履修済みであること。
予め履修が望ましい科目 自然地理学実習
発展科目 地理学野外実習
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード フィールドワーク,景観,聞き取り,土地利用,空間分析,地理学
Key Word(s) fieldwork, landscape, interview, land use survey, spatial analysis, geography
学習内容 第1回:ガイダンス
第2回:地域調査の基礎①
第3回:地域調査の基礎②
第4回:地図の書き方・作り方① 
第5回:地図の書き方・作り方②
第6回:統計・二次資料の活用①
第7回:統計・二次資料の活用②
第8回:景観観察①
第9回:景観観察②
第10回:土地利用調査①
第11回:土地利用調査②
第12回:地図の書き方・作り方③
第13回:地図の書き方・作り方④
第14回:聞き取り調査・アンケート調査の方法①
第15回:聞き取り調査・アンケート調査の方法②

※第2回目以降の授業内容は,受講者の人数と希望によって調整します。
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) ED-GEOG-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University