三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文社会科学研究科(修士課程)地域文化論専攻
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修
授業科目名 英米言語構造論特講Ⅲ
えいべいげんごこうぞうろんとっこうさん
Special Lecture on the Structure of English Sentences III
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間
開講場所

担当教員 菅原 彩加(人文学部)

SUGAWARA, Ayaka

学習の目的と方法

授業の概要 ヒトをヒトたらしめている特徴の一つが、言語を操るという能力である。どのような言語であれ、またどのような社会環境にあっても、ヒトは明示的に他者から教わることなく言語を獲得し、自らの思考を他者と共有することができる。動物でも音や身振りの情報でコミュニケーションを行うことは明らかだが、それはヒトが操る「言語」と比すべき能力なのだろうか?何が違うのだろうか?この授業では、ヒトの言語の進化について何がわかっていて何が課題なのかを議論し、いくつかのprotolanguageの仮説について考察することで、ヒトの言語について理解を深める。教科書として英語で書かれた文献を読む。生物学的な前提知識は必要としない。
学習の目的 1.ヒトの言語に普遍的な特徴について、特に動物のコミュニケーションと比較しながら理解を深める。
2.言語進化について知識を得る。
学習の到達目標 1.英語で書かれた文献を読み、内容を理解し考察できる。
2.ヒトの言語の特徴について、具体例を挙げて説明できる。
3.言語進化について、何が明らかになっていて何が課題なのかを理解できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 Moodle

教科書 Fitch, W. Tecumseh. 2010. The Evolution of Language. Cambridge University Press.
参考書
成績評価方法と基準 授業における議論への参加度・発表100%
オフィスアワー 授業開始時に指定
受講要件
予め履修が望ましい科目 人文学部文化学科において開講されている「言語科学概論A・B」「英語学演習」、またはそれに相当する講義を履修済みであること。
発展科目 英米言語構造論演習Ⅲ
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 言語進化、生成文法
Key Word(s) Evolution of language, generative grammar
学習内容 第1回:ガイダンス
第2回:Chapter 1 Language from a biological perspective
    Chapter 2 Evolution: consensus and controversy
第3回:Chapter 3 Language
第4回:Chapter 4 Animal cognition and communication
第5回:Section 1 のまとめ
第6回:Chapter 5 Meet the ancestors
    Chapter 6 The LCA: our last common ancestor with chimpanzees
第7回:Chapter 7 Hominid paleontology and archaeology
第8回:Section 2 のまとめ
第9回:Chapter 8 The evolution of the human vocal tract
第10回:Chapter 9 The evolution of vocal control: the neural basis for spoken language
第11回:Chapter 10 Models of the evolution of speech and phonology
     Section 3 のまとめ
第12回:Chapter 11 Historical overview: Western theories of language origin before Darwin
     Chapter 12 Lexical protolanguage
第13回:Chapter 13 Signs before speech: gestural protolanguage theories
第14回:Chapter 14 Musical protolanguage
     Chapter 15 Conclusions and prospects
第15回:総まとめ
学習課題(予習・復習) 教科書の指定された箇所を予習として読み、ハンドアウトを作成し、授業内で発表する。
ナンバリングコード(試行) HU-CLTR4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University