三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 全学が開講する教職に関する科目(教育学部学生を除く)
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 教育相談
きょういくそうだん
Educational Counseling
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 水谷久康

MIZUTANI,Hisayasu

学習の目的と方法

授業の概要 児童・生徒を育む家族を取り巻く環境は今日厳しさを増している。学校だけで子どもたちの問題解決を図ることは難しい場合もある。子どもを直接支援するだけではなく、学校と保護者との協働によって効果的に問題解決が可能となることも多い。教員の行う相談活動はいかにあるべきかを理解する。
学習の目的 教員による学校教育相談は心理臨床の専門家である臨床心理士によるスクールカウンセリングとは共通点もあるが、目的、構造など教育の専門家として求められていることが異なることを明確に理解し、学校生活における子どもたちの発達段階に応じた課題を見抜く目を身に付け、より有効な対応の方法や支援スキルを基本から応用まで学習する。
学習の到達目標 子どもたちは様々な家族の一員であり、それゆえ様々な保護者の思いがあることを理解した上で、子供であれ保護者であれ、問題を抱え支援を必要とする側に存在する解決のための資源を見出しそれらを活性化させる視点やスキルを身に付け、効果的な支援力を獲得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談―中学校・高等学校編(遠見書房)
参考書 匠の技法に学ぶ実践・家族面接:日本評論社
成績評価方法と基準 授業への積極性、授業レポートなど50%、期末試験50%、計100%
オフィスアワー 毎授業時終了後
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード カウンセリング 教育相談の特徴 保護者支援 通常学級における特別支援教育
Key Word(s)
学習内容 第1回:オリエンテーション・学習ガイダンス
第2回:教育相談とスクールカウンセリング
第3回:フロイトと精神分析
第4回:ロジャーズと非指示的カウンセリング
第5回:来談者中心療法の実際
第6回:家族療法と短期療法
第7回:事例から学ぶ支援の方法
第8回:ソリューション・フォーカストの活用
第9回:家族のライフサイクルと保護者支援
第10回:思春期青年期の発達課題と支援の在り方
第11回:キャリアガイダンスと教育相談
第12回:発達障害を学ぶ
第13回:中学での特別支援教育と教育相談
第14回:高校での特別支援教育と教育相談
第15回:子どもの精神医学的問題、学校と関係機関との連携
学習課題(予習・復習) 教科書等を使って復習をしっかり行い、専門用語の正しい理解を深めること。
ナンバリングコード(試行)

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University