三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 生物圏生命科学科・海洋生物科学教育コース
学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 選択必修
教育コース選択必修:水圏増殖学プログラム指定科目
選択科目:海洋生産学プログラム指定科目
授業科目名 水圏環境生物学
すいけんかんきょうせいぶつがく
Coastal Environmental Biology
単位数 2 単位
受講対象学生 生物圏生命科学科・全講座
平成26年度(2014年度)までの入学者カリキュラム名称
選択・必修 選択
選択科目
授業科目名 水圏環境生物学
すいけんかんきょうせいぶつがく
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期集中

掲示により知らせます

開講時間
集中講義(外部講師)
開講場所

担当教員 浜口 昌巳(国立研究開発法人 水産研究・教育機構 瀬戸内海区水産研究所 生産環境部 干潟生産グル-プ)

Masami HAMAGUCHI

学習の目的と方法

授業の概要 沿岸域を中心とした水圏環境の時空間的な特徴と生物生産との関係について基礎的な知識を解説する。
学習の目的 水圏環境の変動や生態系の構造と海洋資源生物の年級群水準決定機構との関係について、過去から最新の理論までを紹介し変動する生物資源を安定的に管理するための資源管理方策や栽培漁業について講述する。さらに、沿岸域の生物生産に対する陸域の影響、および海岸の人為的改変の影響についてもとりあげる。
学習の到達目標 環境と生物生産について、沿岸域から陸域に至るまで、その時空間変動や相互の影響について理解する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目
H25、26 年度入学生にはこの項目は適用しない
(ただしH26年度3年次編入者には適用)

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 特になし。
参考書 参考書:「海と地球環境」「海の生物資源」「新水産ハンドブック」「新しい生態学」「水産海洋ハンドブック」
成績評価方法と基準 小テスト、レポートを総合し判定する
オフィスアワー 集中講義開講日の12:00~13:00、場所:614室
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 生態学関連科目
発展科目
授業改善への工夫 講義の際に画像と板書を併用し分かりやすくする
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)
H26年度3年次編入者,生物圏生命科学技術者教育プログラム-JABEE学習・教育目標との対応:D(◎), E(○)

授業計画

キーワード 水圏生物生産、環境、資源変動、資源管理、資源増殖、森里海連環学、森林、河川、沿岸域
Key Word(s) Marine environment, Marine bioresources, Water pollution, Ecology
学習内容 1.日本の水産業 
2.海の環境 
3.海の生物生産構造
4.魚介類の資源変動 
5.藻場生態系と生物生産 
6.干潟生態系と生物生産 
7.生態系ネットワ-ク-1 
8.生態系ネットワ-ク-2     
9.震災等の生態系への影響 
10.海洋の生態系保全
11.生態系保全と漁業活動-1 
12.生態系保全と漁業活動-2   
13.森と里と海の関係 
14.海域の有効管理のために何が必要か? 
15.海洋から地球環境問題へ
16.総括
学習課題(予習・復習) 講義内容に関する書物,報告書等を読み復習に心掛ける。
課題
1-3,「環境と生物生産」 
4-9,「生態系の時空変動」 
10-12、「生物資源の管理について理論と実践」
13-15,「沿岸と陸域、山川からの影響と海岸の人為改変」
ナンバリングコード(試行) BO-FISH-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University