三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教職に関する科目
科目名 生徒指導・教育相談・進路指導
せいとしどう・きょういくそうだん・しんろしどう
Student Guidance/Educational Counseling/Career Guidance
受講対象学生

学部(学士課程) : 1年次
期生
69期生以降
卒業要件の種別 必修
授業科目名 生徒指導・進路指導論
せいとしどうしんろしどう
Student Guidance and Career Counseling 
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 松浦 均(教育学部学校教育講座)

MATSUURA,Hitoshi

学習の目的と方法

授業の概要 教育現場で起きる様々な問題(教育の公平性の問題,進路指導の問題,生徒指導の問題,テストや評価の問題,対人関係やいじめの問題,教師における生徒支援の問題,学校安全の問題等)について,学校,教師,生徒,それぞれの観点から,受講生自らが中心になりグループを構成し議論を行う。教師生徒関係における複数のテーマを設定し,グループを作って議論検討してもらう。教師になっても答えを探し続けるようなテーマを設定し,受講生のなかで一定の見解を作り上げる作業を行うことを目的とする。全体を通じてPBL方式で授業を進めていく。
学習の目的 教師と生徒に関する様々な問題について簡単に答えの出るものではないが,受講生のなかで一定の見解を作り上げる作業を行うことでにより,考えを深めていくこと,いろいろな問題意識を持つことを目的とする。
学習の到達目標 学校,教師,児童生徒に関する様々な社会的問題について自ら調べて理解を深める。学校の問題について様々な観点から見ることができるようにする複眼的視野をもつこと。それらの問題について議論し,自分の考えを構築していくことができるようになること。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

「感じる力」= 【 100】%
「考える力」= 【 100】%
「生きる力」= 【 100】%
「コミュニケーション力」=【 100 】%
分割して示すことは困難.いずれの力も必要と考える.

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 Moodle キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 授業中に紹介できる資料を提示する。
参考書
成績評価方法と基準 授業出席およびコメント提出30%,各クールのレポートおよび最終レポート70%
オフィスアワー 水曜日午後(ただし会議のある日を除く),研究室で対応します。
受講要件 人数超過の場合は,上位学年から履修を認め,下位学年においては小学校免許取得予定者を優先します。ご了承ください。
予め履修が望ましい科目 とくになし
発展科目
授業改善への工夫 議論ができる環境を整える。議論に値する適切な課題設定を行う。
その他

授業計画

キーワード 教師の問題,生徒の問題,クリティカルシンキング,生徒指導,教育指導
Key Word(s) Problem of Teacher and Student, Critical thinking, Student Guidance, Educational Guidance.
学習内容 授業のやり方としては、3週間を1クールとして、グループ活動を通して各クールのテーマについて議論していく形になる。毎クールの初回に討議事項について、こちらから話題提供を行い、クール第2週でグループ発表、第3週でそのクールの議論についての総括を行う。これを繰り返していく。各自は毎週授業コメントを作成し議論を深めていく。
第1回:イントロダクション、この授業の方法についての説明
(第1クール) 学校教育の観点からの話題提供とそれについての議論
第2回:学校教育の観点からの話題提供とそれについての議論(教育における公平性や平等性の問題を扱い,公教育の在り方,職業選択,進路指導について議論する)
第3回:学校教育の観点からの話題提供とそれについての議論(進路指導の方法や,進路についての適性の問題,キャリア形成,キャリア教育の問題を扱う)
第4回:学校教育の観点からの話題提供とそれについての議論(教師—生徒関係における支援の在り方・生徒間の相互支援の在り方について議論する)
(第2クール) 児童生徒の心理の観点からの話題提供とそれについての議論
第5回:児童生徒の心理の観点からの話題提供とそれについての議論(テストの意味について考える)
第6回:児童生徒の心理の観点からの話題提供とそれについての議論(教育評価を受ける側の心理について考える)
第7回:児童生徒の心理の観点からの話題提供とそれについての議論(生徒の被援助志向性を伸ばしていく方法について考える)
(第3クール) 教師の心理の観点からの話題提供とそれについての議論
第8回:教師の心理の観点からの話題提供とそれについての議論(教育評価を行う側の心理について考える)
第9回:教師の心理の観点からの話題提供とそれについての議論(教師が生徒から学ぶことは何か,教師の成長について考える)
第10回:教師の心理の観点からの話題提供とそれについての議論(教師は何が評価されるのか,教師に対する評価軸を考える)
(第4クール) 児童生徒と教師の相互作用の観点からの話題提供とそれについての議論
第11回:児童生徒と教師の相互作用の観点からの話題提供とそれについての議論(児童生徒における援助の要請と,そのための方策を考える)
第12回:児童生徒と教師の相互作用の観点からの話題提供とそれについての議論(教師における適切な援助とはどのようなことなのか検討する)
第13回:児童生徒と教師の相互作用の観点からの話題提供とそれについての議論 (適切な教師—生徒関係の構築について検討する)
第14回:教師—児童生徒関係におけるさまざまな課題(生徒指導の問題、いじめの問題等について考える)
第15回:教師—児童生徒関係におけるさまざまな課題(学校安全の問題、学校心理学に関する事項等を紹介しながら,最終のまとめとする)
学習課題(予習・復習) 毎クール,設定された検討課題について,各グループで検討し,そのクールにおけるレポートを個人で作成する。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University