三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 1年次
2017年度以降に入学した文化学科1年次生の必修科目です。2016年度以前に入学した学生は履修できません。
選択・必修
授業科目名 地域から考える文化と社会
ちいきからかんがえるぶんかとしゃかい
consideration from a local viewpoint
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 ○遠山 敦(人文学部)、ほか文化学科教員・法律経済学科教員

○TOHYAMA,Atsushi

学習の目的と方法

授業の概要 三重県及び東海圏を中心に、地域固有の文化や地域の抱える社会的諸課題について知るとともに、それらを理解する上で不可欠な学問的視点について学ぶ。
学習の目的 実際に地域で活躍しておられる社会人の方々や、地域をフィールドに研究している教員の話を聞き、地域固有の文化や地域の抱える社会的諸課題について知るとともに、それらを理解する上での学問的視点の大切さを理解する。また社会人による講義を通じて、将来の進路に関する問題意識を持つ。
学習の到達目標 地域固有の文化や地域の抱える社会的諸問題についての知識を得るとともに、専門科目を学ぶ上での問題意識を持つことができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 特に用いない。
参考書 特に用いない。
成績評価方法と基準 レポート100%。ただし4回以上欠席した場合は評価の対象としない。
オフィスアワー 金曜日7~8限。教養教育2号館2階遠山研究室。
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 地域から考える文化と社会
Key Word(s)
学習内容 本講義は、三重県及び東海圏で活躍されている社会人の方々の講義(講演)と、地域をフィールドに研究している教員の講義によって構成される。担当者が毎回変わるリレー講義形式となる。
予定している各回のテーマは以下の通りである。ただし、社会人の都合等により、講義の順番及び内容は入れ替わる可能性がある。詳しくは第一回目の講義で提示する。

第1回:ガイダンス
第2回~第6回:社会人講師による講義(講演)
第7回:多度大社の上げ馬神事と地域コミュニティを考える
第8回:多文化共生を考える--日本語を母語としない児童の多い地域での放課後教育支援
第9回:『古事記』と三重
第10回:古文書から見る熊野古道と海女文化ー文化財調査を通した大学・地域連携の事例ー
第11回:三重県の環境について
第12回:三重の文学と文学をつかった町おこし
第13回:伊賀の忍者と忍者研究について
第14回:忍術と孫子の兵法
第15回:アメリカに移植された三重の忍者
学習課題(予習・復習) 講義で提供された知識・知見を自らの学習で深め、レポートに反映させることが求められる。
ナンバリングコード(試行) HU-CLTR1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University