三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・外国語教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
英語I TOEICの単位を修得した学生、もしくは1年次で既に600点以上を取得した学生
選択・必修 選択
授業科目名 英語 II 発展 E
えいご に はってん いー
English II Advanced E
単位数 1 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業
開講学期

前期

開講時間 金曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 吉田 悦子

Yoshida Etsuko

学習の目的と方法

授業の概要 「英語I TOEIC」の単位を修得した学生およびTOEIC600点以上取得者を対象に、難易度の高いTOEICの練習問題に取り組むことを通して、さらなる高得点の取得を目指します。具体的には、TOEICの各パート(リスニング、文法、読解)の問題を解きながら重要事項を確認し、英語力を伸ばします。
学習の目的 TOEICの各パートに関する問題に多数取り組むことで、さらにTOEICのスコアを伸ばすことを目指します。また、頻出の英語表現を確認し、理解・聴解の練習を積み重ねることで、苦手なパートをなくすことを目指します。これらのTOEIC対策の学習を通して、英語による実践的コミュニケーション能力を養うことを目的とします。
学習の到達目標 TOEICにおいて600点以上取得できる英語力を身につけます。また、既に600点以上を取得している学生は、さらなるスコア向上のための英語力を養います。英語の基礎的な文法の理解を確実なものにし、自立して意思疎通が図れるための英語の語彙を備えます。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 『Step-by-Step for the TOEIC TEST, Step 3: Advanced Course』(アルク社)
参考書
成績評価方法と基準 各Unitについて行われる小テスト:50%、学期末テスト:50%
オフィスアワー オフィスアワーの時間帯は、授業の最初にお伝えします。
受講要件 「英語I TOEIC」の単位を修得済み、もしくは1年次にTOEICスコア600点以上取得済みであること
予め履修が望ましい科目
発展科目 他の英語IIの科目
授業改善への工夫 受講生に積極的に質問・確認し、双方向的な授業を行う。また、重要事項についてはわかりやすく例を示しながら解説する。
その他

授業計画

キーワード TOEIC
Key Word(s) TOEIC
学習内容 第1回: 導入、実力確認テスト
第2回: Unit 1 Business Communication (1)
第3回: Unit 2 On the Telephone
第4回: Unit 3 Preparing Food
第5回: Unit 4 In the Workplace
第6回: Unit 5 Shopping (1)
第7回: Unit 6 Using Transportation
第8回: Unit 7 Daily Life
第9回: Unit 8 Residence (1)
第10回: Unit 9 Making Excuses
第11回: Unit 10 Business Communication (2)
第12回: Future Practice [1] Listening
第13回: Future Practice [2] Listening
第14回: Future Practice [3] Reading
第15回: まとめと期末テスト
学習課題(予習・復習) Unitごとに小テストを行うので、授業の内容をしっかり復習してください。また学期末には、授業内容に基づいた確認テストを行います。
ナンバリングコード(試行) LIENGL2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University