三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・異文化理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 異文化理解Ⅰ演習(朝鮮語)b
いぶんかりかいⅠえんしゅう(ちょうせんご)b
Foreign Studies I Seminar (Korean) b
単位数 1 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 有吉 登美子

ARIYOSHI, Tomiko

学習の目的と方法

授業の概要 前期に続き後期は短い小説やエッセーを講読する。文法説明に加え、背後の文化等についても解説する。
学生の自発的なプレゼンテーションにより授業を進める。作品ごとにレポートを求める。
学習の目的 多様な表現を学ぶとともに同時に作品に登場する人物を通してかれらを取りまく韓国という社会についても理解を深める。
学習の到達目標 言語構造の類似から単なる言葉の置きかえに陥りやすいが、そうではなく日本語らしい日本語で表現できるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴

教科書 プリントを配布する。
辞書「朝鮮語辞典」小学館 
参考書
成績評価方法と基準 授業への積極的参加20%、プレゼンテーション60%、レポート20%(合計が60%以上で合格)
オフィスアワー 毎週火曜日 12:00~13:00 非常勤講師室
受講要件 異文化理解Ⅰ演習(朝鮮語)aを履修済みであること。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 できるだけ学生の要望を取り入れ柔軟に対応する。
その他 必ず辞書を引いて予習してくること。積極的にプレゼンテーションすること。

授業計画

キーワード 韓国語な、あまりに韓国的な
Key Word(s) Just Korean style
学習内容 第1回 「プリント講読 (3) 「麦畑のなかにかくれているもの」
     連体形、時制を中心に学ぶ。
    「ハンセン病者」という語彙が嘗て子供への「いましめ」として用いられた農村社会に ついて考察する。
第2回   〃
第3回   〃
第4回   〃         
第5回   〃
第6回  プリント講読 (4) 「タバコについて考えたこと」
     さまざまな接続語尾を中心に学ぶ。
   タバコについての主人公の経験を通して韓国に於ける、とりわけ女性がタバコを吸うことに対する視線を考察する。
第7回   〃
第8回   〃
第9回   〃
第10回   〃
第11回  プリント講読 (5) 「おばあさんたち」 
     引用表現を中心に学ぶ。 
     祖母と母、その双方の存在を母方にも父方にも祖母を持たなかった主人公の目を通して考える。
第12回  〃
第13回  〃
第14回  〃
第15回 プリント講読 (6) 「セロハン紙についての思い出」
    若者どうしで用いられる略待の終結語尾を中心に学ぶ。
    小学生の娘と父親のセロハン紙にまつわる思い出を通して、娘の発したひとことにとまどう、学校とは縁の薄かった韓国の農村の父親について考える。
第16回 〃
学習課題(予習・復習) テキストに取りあげたいくつかのテーマに関わる情報や文献をプリントで配布する。テキストの内容と併せて考察しレポートに反映することを求める。
ナンバリングコード(試行) LIFORS1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University