三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・国際理解・現代社会理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 哲学 F
てつがく F
Philosophy F
授業テーマ 哲学と現代的諸問題
単位数 2 単位
分野 人文 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 田中 綾乃(人文学部)

TANAKA, Ayano

学習の目的と方法

授業の概要 めまぐるしく時代が変容する現代において、<哲学>はどのような意義を持つのだろうか。
哲学の基本問題からデジタル・テクノロジーやロボットの心、そして3.11の問題まで、幅広い視点で現代の哲学的諸問題を学ぶ。
学習の目的 哲学的思考法の基礎を身につけることを目的とする。
論理的に物事を考察することを目的とする。
学習の到達目標 現代のさまざまな諸問題をより深く考察することを目標とする。
授業で扱う哲学者の理論を理解することを目標とする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 黒崎政男『いまを生きるための「哲学的思考」』(日本実業出版社)
その他、プリント配布。
参考書 参考書は適宜指示する。
成績評価方法と基準 平常点、小レポート(レスポンスペーパー)などから総合的に評価する。
オフィスアワー 水曜日12時~13時
事前にメールでアポイントをとること。
受講要件 哲学の授業では、哲学者の理論を通して、様々な諸問題をじっくりと<自分自身で考える>ことが求められる。
それゆえ、受動的ではなく、能動的に授業に参加すること。
予め履修が望ましい科目
発展科目 哲学・倫理学の科目
授業改善への工夫
その他 毎回、授業の後にレスポンス・ペーパーを配布し、
授業の内容や質問について書いてもらいます。
授業の数回は、哲学カフェ(対話型の授業)の形式をとりいれます。
授業時間内での携帯電話、スマートフォンなどの使用を禁止します。

授業計画

キーワード 哲学と現代的諸問題
Key Word(s) Philosophy, Contemporary issues
学習内容 第一回 イントロダクション
第二回 <哲学>とはな何か
第三回 虹の色は何色なのか?
第四回 デカルトのCogito ergo sum
第五回 デカルトの心身二元論
第六回 「心」とは何か
第七回~第九回 ロボットの「心」について考える 
第十回 リスボンとフクシマ
第十一回〜第十四回 3.11後の世界を哲学的に考える
第十五回 まとめ


ただし、学生の理解度によって授業を進めるので、
必ずしもシラバス通りに進むとは限らない。
学習課題(予習・復習) 身の回りにある日常や常識を疑い、哲学的に捉えなおしてみる。
ナンバリングコード(試行) LIPHIL1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University