三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
鈴鹿医療科学大学学生との合同授業です。ネット回線で交互に遠隔授業を行います
選択・必修 選択
授業科目名 医学医療C
いがくいりょうC
Medical Science and Care C
授業テーマ いたみの科学
単位数 2 単位
分野 自然 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 7, 8時限
三重大学は14時40分から16時10分の90分のうち、14時40分から15時10分までの30分は、担当教員による予習的講義。15時10分から16時10分までの60分間は、鈴鹿医療科学大学との合同遠隔授業。鈴鹿医療科学大学は、15時10分から16時40分まで。
開講場所 医学部臨床第2講義室

担当教員 医学部教員(○丸山一男, 島岡 要 他)および鈴鹿医療科学大学教員

igakubu oyobi (Profs. Kazuo Maruyama, Kaname Shimaoka, et al) and suzuka iryoukagaku daigaku kyouin

学習の目的と方法

授業の概要 その人の痛みは、その本人にしか分かりません。痛みをどのように理解するのか? 痛みは、全てに人の身体と心にかかわる問題です。授業では、痛みのしくみを理解し、まず一般市民として、さらに今後、医療系に進む人には、医療人としてどのように痛みに対処するのかを、学びます。痛みの科学を履修することにより、自分と自分の周囲の人が痛みを感じたとき、過度な不安を感じることなく、適切な行動、対処ができるようになる、考え方を身につけます。痛い人に、いかに接したらよいのか、多方面からのアプローチを考えてみたいと思います。
学習の目的 日常生活やけが、病気で感じる痛みのしくみについて、知り、自分が経験した痛みの発生原因や、体でおこっていることを理解する。痛みは、体で起こっているよからぬことを知らせる警告信号であるが、痛みの原因がなくなっても痛みが持続することもある、3か月以継続する痛みを「慢性の痛み」というが、高齢者やケガの後に痛みが長引くこともある。その人の痛みは本人にしか分からないが、心理的要素により痛みは、軽くなったり、重くなったりする。本主題では、痛みのしくみと、痛みを和らげる対策について、多方面から考えてみたい。
学習の到達目標 痛みが発生するしくみを神経の機能で説明でき、痛みの発生している原因を推察でき、自分の経験したことのある痛みのしくみに気づく。
慢性の痛みの治療は、薬、、体操、ストレッチ、温熱療法、リハビリテーション、心理的的取組、鍼灸、など多方面からのアプローチを駆使して痛みをとるという考えかたを身につけ、各領域の専門職が存在することを知る。痛みを我慢し続けると痛みを覚えてしまうことを知り、痛みを下げる、多方面からの取組の存在と重要性を学び、自分の痛みを自分で抑える方法の科学的考えかたを身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

医療系(医学部医学科、看護科)学生で、この授業を履修した者に対しては、、痛み治療に対するチームアプローチおよび東洋医学的アプローチ(漢方、鍼灸など)を小グループで学ぶ、専門科目の選択科目が次年度に用意されています。

授業の方法 講義

授業の特徴 Moodle

教科書
参考書
成績評価方法と基準 2/3以上の出席を条件に
授業への取組50% 小テストまたはレポート50%で評価する。
オフィスアワー 5632
受講要件 痛みを感じたことのある人(つまり誰でも)
医学系学生(医学科、看護学科)にとっては、専門で学ぶ内容を時間をかけて深く講義しますので、治療する側として今後役立ちます。医学系以外の学生にとっては、日々の生活で体験する痛みのしくみを知り、医院、クリニック、病院での治療の考え方を理解できますので、治療される側として今後の生活に役立ちます。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 痛み、心理、看護、リハビリテーション、痛みどめの薬、栄養
Key Word(s)  pain, nursing, psychology, rehabitaion, pain killer, nutrition,
学習内容 医学部教員、鈴鹿医療科学大学教員による講義の各テーマについて講義を行う。時間配分と担当教員名は、初回授業で知らせます。

オリエンテーション(三重大学医学部、鈴鹿医療科学大学)
何故痛むのか?(痛みのしくみ)(三重大学医学部)
痛みのルートとバトンタッチ(三重大学医学部)
心頭を滅すれば火もまた涼し(自分で自分の痛みを抑える仕組み)
痛みのメモリー(痛みを覚えさせない)
痛みの診断と治療(痛みの原因があれば、原因の治療を)(三重大学医学部)
痛い人への看護支援(三重大学医学部看護科および鈴鹿医療科学大学)
腰、肩、膝の痛み(整形外科的アプローチ)(三重大学医学部)
痛みの心理的側面(鈴鹿医療科学大学教授)
痛みに対するリハビリテーション(運動・体操・ストレッチ)(鈴鹿医療科学大学)
痛みと栄養(鈴鹿医療科学大学)
痛みを抑える薬(鈴鹿医療科学大学)
痛みと鍼灸(鈴鹿医療科学大学)
痛みと交感神経(鈴鹿医療科学大学)

鈴鹿医療科学大学三重大学での遠隔回線を用いた同時講義を行う。授業開始時間が、両大学で30分ずれているので、共通の60分間の遠隔儒授業を行い、残りの30分は、講義のまとめや追加を各大学の担当教員が行う。


各講義の内容(順不同)

<オリエンテーション>
 授業の概要、目標、進め方、タイムスケジュール、評価法の説明をします。

<何故痛むのか?(痛みのしくみ)> 
 皆さんが痛いと感じた時、何が起こっているのでしょうか? 圧迫する、引っ張る、叩く、圧迫する。切る、刺す・・などなど。これらは、物理的刺激で、機械的刺激です。あまりに熱い、冷たいとやはり痛み、これらを寒熱刺激といいます。塩酸や硫酸などの化学物質に触らたら、やはり痛いですね。これらを化学的刺激といいます。風邪でのどが痛い、扁桃腺炎で痛いなどは、痛みの原因となる化学物質が発生していて、その化学物質が痛み担当の神経を刺激するから痛むのです。これらの痛みを起こす刺激を痛み刺激といいますが、医学的に難しく表現すると「侵害刺激」になります。本講義では、痛いときに神経末端で起こっている現象について説明します。その現象を抑える薬には、ロキソニン、ボルタレン、アスピリン、イブプロフェンなどがあります。


<痛みのルートとバトンタッチ>
 神経末端出痛みの電気信号が発生すると、その電気信号は脊髄に向かいます。その電気信号は脊髄で神経を乗り換えて、視床に向かい、視床でも神経を乗り換えて、大脳皮質に到達します。身体各部からやってきた信号は、決まった場所に到着しますので、その細胞に信号が伝わったときには、逆に身体のどこから来たのか分かるのです。どこから信号がきたのか判別する場所を、体性感覚野といいます。さらに痛みの信号は、脳で、快・不快を担当する大脳辺縁系という場所にも到達しますので、痛いと感じたときには、同時に不快感と嫌な気持ちが沸いてくるのです。本講義では、痛がっている人は不快感を伴い、決して晴れやかではないのが正常であるこの意義について考えてみたいと思います。


<心頭を滅却すれば火もまた涼し>(自分で自分の痛みを抑える仕組み)
「心頭を滅却すれば火もまた涼し」「サッカー選手が試合中に骨折しても、痛むのは試合が終わってから」というのは本当でしょうか? 本当です。痛み刺激があるのに、痛くないことが、実際にあるのです。本講義では、その仕組みについて解説します。痛いのは、身体がすでに損傷を受けた後や、これから受ける可能性のある状況です。つまり、痛みには、損傷の存在や損傷が発生する可能性を知らせる警報のような役割があります。一方、警報を発し一旦知らせた後では、過剰な痛みはよくないので、身体には、自分で自分の痛みを和らげる仕組みが備わっています。これを下行性抑制系といいますが、脳幹(中脳・橋・延髄)から脊髄に下行しています。その末端では内因性の鎮痛物質が放出され、痛みの電気信号が脊髄で神経を乗り換えるのを抑えているのです。



<痛みのメモリー(痛みを覚えさせない)>
 メモリーは記憶です。記憶はどこで起こるのでしょうか? 脳ですね。人の名前や電話番号は、大脳の海馬という場所で覚えます。演奏、運動、書道などの練習で覚える場所は小脳です。記憶の発生する場所は、1大脳の海馬、2小脳が知られていましたが、第3の場所として脊髄の細胞が痛みの電気信号のパターンを記憶してしまうこと分かってきました。つまり、痛みのメモリーが脊髄にあるのです。記憶とは、再現する力ともいえます。憶えるはどうすればよいか?繰り返す、いつもしていれば覚えますし、忘れませんね。では、忘れるにはどうするか? 使わなければ忘れます。練習を怠ると下手になりますね。慢性の痛みについて同じです。いつも痛いと、痛みを覚えてしまいます――脊髄で。そこで、痛みを覚えさせないためには、痛む時間を少なくすることが重要です。逆に痛みを忘れるには、痛くない時間を長くとることが大切です。ですから、痛みが強いときには、我慢させてはいけません―――痛みを脊髄が覚えてしまう(慢性の痛みとなってしまう)から。そして、一旦覚えてしまったら、忘れさせるために、痛くない時間を長くする治療を行います。そう、痛みを止める治療は、痛みを覚えないようにし、忘れさせるための根本的な治療です。



<痛みに対するリハビリテーション(運動・体操・ストレッチ)>
 リハビリテーションとは、元々の機能を回復するための、身体的支援であり、テラピストという専門職があります。身体を動かしていないと、身体が固くなってしまいます。固くなると柔軟性が低下し、いつもより大きく動かそうとすると、痛みます。高齢になると体が固くなり、足腰が痛くなってしまいます。そこで、本講義では、①肩こり、腰背部、頸部の筋肉痛のイメージを掴み、②過度な収縮や緊張が痛みの原因となることを知り,③筋肉に負担をかける姿勢や動作を考え、④運動後や無理な姿勢、長時間同じ姿勢をとった後の痛みの発生を和らげるためのストレッチやメインテナンスの考えかたと具体的方法を学びます。皆様は、生理学などの基礎医学の重要性を実感するともに、日常生活やクラブ活動、運動後の筋肉対策、1日の筋肉疲労をとることの重要性に気づくでしょう。


<痛みと鍼灸>
 鍼灸治療を受けている人は多く、実際、痛みの軽減につながっています。しかし、その理論的しくみを、しっかり知っているかというとそうでもないようです。実態は、理屈はどうあれ、とにかくその人にとって効いていれば、人は鍼灸治療を続けます。今後、医療者となる皆さんは、自身が鍼灸を施術しなくても、鍼灸治療の概要と理論を知っていると、将来役立つと思います。そこで、本講義では、①痛み治療における鍼灸治療の役割を知り、②自分で自分の痛みを抑えるしくみと内因性鎮痛物質について復習し、③鍼灸治療が痛みを軽減するしくみを内因性の鎮痛痛物質の発生という面から理解します。薬を好まない人は鍼灸治療という、物理的なに刺激療法で痛みを軽減できる現実を理解した上で、鍼灸療法が薬と同様の内因性鎮痛物質を放出していることを理解したいと思います。東洋医学的な、経絡・経穴についても解説します。


<痛みと栄養>
 栄養と痛みの関係で、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?
高齢者では、腰や肩の痛みや膝の痛みを持つ人が多いのですが、筋肉の量が減ってくることが、筋肉痛の原因となります。筋肉量の低下は、各筋への負担を増やすため、筋肉疲労が起きやすくなるため、筋肉量を維持することが、筋肉痛を予防するために重要です。
高齢者では、筋肉量が減ってきますいが、これをサルコペニアといいます。 そこで、本講義では、毎日の食事で、筋肉の維持・増進に役立つ、栄養学的知識を得ます。さらに、体を温める、血流を改善する、体力をつける栄養素・食事について考えてみたいと思います。


<痛みと交感神経>
交感神経と痛み――交感神経とは、心拍を速めたり、血圧を上げたり、緊張しているときに活性化している自律神経です。痛みに関係あるのでしょうか? 正常では、痛み担当の神経と交感神経が交通することはありません。しかし、ケガや感染、手術をきっかけとして双方の交通ができてしまうことがあり、交感神経活動そのものが痛みの原因となってしまい、これを交感神経依存性の痛みといいます。対策として、交感神経の遠心性刺激を下げることをするのですが、星状神経節への光線療法や局所麻酔薬の注入が行われます。本講義では、慢性の痛みにおける、交感神経の役割を理解し、交感神経を和らげる具体的な方法について、局所麻酔薬による硬膜外ブロックについて解説します。



<痛みを抑える薬>
「痛み止め」って何ですか?ともし尋ねられたら、どう説明しますか?皆、「痛み止め」という言葉はよく使っていますね。痛みを止める薬という意味だと思います。では、痛み止めが効く仕組みはどうなっているのでしょうか。薬の効く場所、作用点は1か所ではなく、結果として痛みが和らぐに至った仕組みは、薬の種類によって異なります。痛みの原因がある場合は、根本的に原因を治す治療を行いつつ、同時に鎮痛も図ります。一方、原因がはっきりしない場合、痛みの程度や期間を短くすることそのものが痛みの治療となるのです。この意味では、痛みを止めることは、対症療法ではなく根本的な治療となります。
本講義では、痛みが発生する仕組みに基づいて、結果として痛みを和らげる薬の作用について考えてみたいと思います。


<痛みの心理的側面>
 痛みにどう向き合うか? 痛いという状況は、不快であり、気分の良いものではありません。人も含めて動物は、正常では、不快な出来事を避けようとしています。痛みの治療では、痛みゼロを目標にすると、なかなか達成できないことも多く、「少し痛むけれども生活に支障ない」と思えるようになるのを当面の目標とします。不安、悩み、心配、ストレスは、痛みを強めてしまいます。痛みの強さは変わらないけれども、日常生活に支障がないので、あまり気にならなくなるようにするには、どうしたらよいのか? 気づきによって、痛みと不快感が軽減できます。感情・情動は理屈ではなく、湧き上がるものですが、人の場合、前頭葉での思考で調整できる可能性があります。本講義では、痛みの心理的な要素について考え、臨床心理的アプローチの重要性に気づいていただければと思います。


<痛みとともに生活する人への看護支援  看護2回>
 痛みにどう向き合うか? 医院や病院を受診する人、在宅医療(訪問看護)をうけている人、通所している人、多様な状況のなかで、痛む人々と接する職種として最も人数が多いのは看護職です。多くの痛む人々が、看護師にいろいろなことを尋ねてきます。薬(飲み方、効果、副作用)、注射、リハビリ、食事、日常生活(睡眠・運動・入浴)で気をつけること、日常生活動作(移動)、痛む理由、受けている治療に対する質問などなど・・・。治療とは関係なさそうにみえるけれども、実は関係のある家族関係・仕事の問題、悩み、不安、心配、不満、喜び、期待、希望、思い、・・・。慢性の痛みを持つ人々に対してできる看護支援とは何か? 個々の痛む人への、多職種によるアプローチを理解し、対象となる人とコミュニケーションをとり、情報取集を行い、多職種間で共有し、さらに職種間のコミュニケーションを促進・調整することにより、最善を尽くしたいものです。痛む人々の、なぜ・どうして?という疑問に答えるには、多方面にわたる知識が必要です。2回に渡り、痛みとともに生活する人への看護支援について考えてみたいと思います。特に将来、看護職以外の専門職に就かれる皆さんとの交流を楽しみにしております。



<腰、肩、膝の痛み(整形外科的アプローチ)>
 痛みの原因があれば、その原因の治療をしなければなりません。整形外科では、骨、関節、筋、腱、靭帯、軟部組織に痛みの原因となる、病変や外傷がないかを診断し、手術で治る場合は、手術を行います。そこで、慢性の痛みの人は、整形外科的疾患の有無を整形外科で診てもらう必要があります。本講義では、整形外科受診が必要な症状と疾患について解説します。皆様も聞いたことのある、骨粗鬆症やロコモなど、皆様の周りの高齢者が直面している問題についても解説します。若人は経験がないので、実感できないわけですが、人でも動物でも足腰が弱り、自分で移動できなくなることが、大問題であることに気づくことは、今後の皆さんの勉強を深めると思います。



<痛みの診断と治療(痛みの原因があれば原因の治療を)>
 痛みの原因となる疾患があれば、その疾患を治療する必要があります。この意味で、痛みは、身体によからぬことが発生していることを知らせる警報みたいな役割があります。そこで、身体各部の痛みの原因について、総合的に絞り込みを行う必要があります。例えば、一言で頭痛といっても、耳鼻科的痛み、眼科的痛み、脳神経外科的痛み、神経内科的痛み、整形外科的痛み、産婦人科的痛みなど、様々です。しかし、原因を特定できない痛みも多いです。まずは、緊急を要する痛みの特徴を知り、根本的治療を優先します。一方、原因のはっきりしない慢性の痛みに対しては、痛みそのものに総合的(多職種との連携のなかで)に対処することになります。本講義では、急性の痛みと慢性の痛みの相違点を知り、痛みの問診、診察のポイントについて解説します。


<痛みとゲノム>
 痛みそのものの強さや気持ちは本人でなければ分かりません。一方、痛みを発生させる刺激が、神経細胞とそのネットワークで起こす分子的反応そのものは、解明されつつあります。将来、医療に携わる皆さんが、診断、治療、ケアを考え、実践するときに、身体で起こっている分子生物学的現象が起こっていることを意識しながら対処できれば、奥が深まります。本講義では、分子生物学、分子遺伝学的アプローチの医学・医療における意義と重要性を解説し、慢性の痛みの理解を深めたいと思います。
事前・事後学修の内容 Moodle で指示などを確認する。
ナンバリングコード(試行) LIMEDN1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University